« 飛騨地方・道の駅スタンプラリーツーリング | トップページ | あ~あ、壊しちゃった・・・ »

2009年10月24日 (土)

アールズギア ワイバン チタンオーバルのインプレ

アールズギアのワイバンチタンオーバルマフラーのインプレなどしてみます。

装着から2ヶ月が経過、日帰りツーリングに2回(約900km)行ってみて、改めてインプレです。

P1000322

 

<インプレの前提>
・2007年式、ABSモデル
・フルパワー化してません。
・エアクリーナーノーマル
・直前までモリワキS/O ANO を装着。
※あくまで私個人の感想なので個体差・個人差で千差万別ということでご承知置きを。

<外観>
・エキパイ部はチタンの焼き色がうつくしぃ。
 純正と違った取り回しですが、見た目だけでなく実用性も重視されてるのが憎らしい。
 というのは、社外フルエキって結構オイルエレメント交換不可なのが多いのですが、
 ワイバンはその辺を最初から考慮してるらしく、純正同様オイルエレメントは簡単に交換可能。
 おかげで工賃はこれまでと据え置きのまま(ホッ)。

 P1000227_2 

・サイレンサー部分はオーバル(楕円)形状。
 純正、モリワキS/Oと真円から変えたのですっきり収まってる感じで、
 若干小さく見えるようになった。
 かなり車体側に寄った造りのため、張り出し感が無くなってスリムになった。
 ちなみに下は左から、純正、純正エキマニ+モリワキS/O、ワイバンフルエキの比較です。

 Beforeafter 

・カラーはシンプルなシルバー。
 欲を言えば、ドラッグブルーが良かったのですが、こればっかりはねぇ。

 P1000324 

<軽量化>
・モリワキS/Oからの変更だったため、重量激減!とはいきませんでしたが軽くなったのは間違い有りません。
 サイドスタンド掛けからバイクを起こす時に「よっこらしょ」感が無くなりました。
 と言ってもバイク自体は充分に重いので取り回し自体がラクになることはなかったり。。
 ちなみに重量は、純正:11.4kg 
          → 純正エキパイ+モリワキS/O:約8kg 
          → ワイバン:4.3kg

<音について>
・純正エキパイ+モリワキS/Oより静かになった。
 実際、周りの人からも「前より静かになったねぇ」と皆に言われました。
・4-2-1のせいか、音はドルドルドルな音質で好みは別れそうなところです。

 P1000325 

<パワー感について>
・ピークパワーを上げる、とかを期待するマフラーでは無いですね。
・パワー重視というよりは、低速からの全域フラット感を重視してる感じ。
 そのため、低速のギクシャク感が全く無くなりました。
・回転を上げればドカンと来るタイプではなく、

<振動>
・高速で振動が気になるようになった。
 CBは100km/h出すと4,000rpmぐらい廻ってしまい、この回転以上になるとビリビリと言った振動が
 シートやステップから感じるようになりました。
 純正のステンレスと違って、薄く軽いから振動しやすいのかも?
 もしくは・・DIY取付が甘いのかなぁ?
 
<その他>
・フルチタンなので汚れた後のメンテナンスに気を遣う。
・アフターファイアーは出てないですねぇ。
 一応二次エアーカット用のパーツは有りますが、
 二次エアー再燃焼(?)が2007年モデル以降は変わってるとか?
 フルパワー化してないからかも?

|

« 飛騨地方・道の駅スタンプラリーツーリング | トップページ | あ~あ、壊しちゃった・・・ »

(03)CB1300SB - カスタマイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4353/64185715

この記事へのトラックバック一覧です: アールズギア ワイバン チタンオーバルのインプレ:

« 飛騨地方・道の駅スタンプラリーツーリング | トップページ | あ~あ、壊しちゃった・・・ »