« 青タイガーにSW-MOTECH チェーンガード装着 | トップページ | 青タイガーにSW-MOTECH Giviモノキー用アダプタープレート装着 »

2010年10月30日 (土)

青タイガーにSW-MOTECH ALU-RACKトップケースホルダー装着

青タイガー用のパーツを取り付けました。
 
SW-MOTECH製ALU-RACK トップケースホルダーです。
 
青タイガーではトライアンフ純正トップケースがあるのですが、スタイルは良いのですが、フルフェイスのヘルメットが入らないとかの情報があったので、このGiviモノキーケースを流用することにしました。
 

パーツはこの4つから構成されてます。
「品番:GPT.11.527.100/B」です。
これに、Giviモノキーケース用のアダプタをかませて、モノキーケースを固定します。
 

説明書を見ると・・車体の図がタイガーではなく、Srpint STになってます。
それもそのはず、このALU-RACKキットは、Sprint ST用なんですよね。
 

タイガー専用は別のALU-RACKトップケースホルダーキットがありますが、ストック状態専用のモノでした。
ウチの青タイガーにはトライアンフ純正パニアが付いているため、パニアレールとグラブバーがこのように変わっているのです。
で、このグラブバーが、Sprint STと同じ部品のため、流用できるというわけです。
 
もし純正パニアが付いていなければ、Giviから出ているフィッティングキットが使えたし、そっちの方が入手しやすかったんですけどね。
 

装着ですが、まずはグラブバー裏にあるネジ穴にアクセスすべく、めくら樹脂パーツを外す。
 

ステーを付けて、
 

ネジロックで指定トルク(取説にちゃんと書いてありました)で締めて完了。
 

これで完成。
なかなかスッキリしてて個人的には良い感じです。(*^_^*)
 
最大積載量は、7.5kg。
私の持っているGiviモノキーはE52と言うデカイケースです。
あのケース何kgぐらいだったかなぁ・・大丈夫かなぁ。
 
あとはGiviモノキーケース用のベースを取り付けるのですが・・・
取付方法が心配(不安)になってきたため、取付方法を再検討することにしました。
 
別途部品を購入してきたのであとはトライするのみです。
 

|

« 青タイガーにSW-MOTECH チェーンガード装着 | トップページ | 青タイガーにSW-MOTECH Giviモノキー用アダプタープレート装着 »

(01)青タイガー(TRIUMPH TIGER 1050 ABS)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4353/64186134

この記事へのトラックバック一覧です: 青タイガーにSW-MOTECH ALU-RACKトップケースホルダー装着:

« 青タイガーにSW-MOTECH チェーンガード装着 | トップページ | 青タイガーにSW-MOTECH Giviモノキー用アダプタープレート装着 »