« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月27日 (土)

ハンドガード物色

青タイガーにハンドガード装着を目論んでいます。
 
目的は、、
 1.もしもの転倒時、レバーを保護してくれるもの。
 2.防風・防寒の足しになるもの
   (グリップヒーターでも十分ですけどね)
 
トライアンフ純正オプションにハンドガードがあります。
純正なので当然フィッティングはバッチリ。
効果は、防風・防寒はもちろんのこと、結構強度があるようで転倒時にレバー損傷を防いでくれそうです。
#夏は逆に外すことになるかと思いますが。。
 
でも、純正は真っ黒で他のタイガーと一緒になっちゃうなぁ。。
できれば純正以外で、車体色と同じブルー系のが装着できないかと色気を出して物色してました。
 
そこで候補に挙がったのが、ZETA
 

アーマーハンドガード(ベント)でレバーを守り、

ハンドガードXCで防風・防寒。
 
しかし、当然これらの商品はオフロードバイク用。
しかも汎用品と言うことで、オフ車と言えども車種によってはハンドル周りの干渉問題があるらしい。
 
そこで現物を見に行くことにしました。
都合の良いことに、比較的近くにオフロード用品専門店がありました。
ダートフリーク」です。
 
近くに有ることは知っていましたが、初めて行きました。
住宅地の中にどーんと大きな倉庫風の建物。
広々とした駐車場に車を止めて店内に入ると、オフロード用品ばかり。(当然ですね)
 
早速ハンドガードについて店員さんに聞いてみると・・・
デュアルパーパスにはまず汎用品は付けるのは難しい、と。
 
第一の問題点は、ハンドルバーの曲がり。
基本的にオフロード用のハンドルに取り付ける形状のため、アップライトなパイプハンドルだと斜めについてしまう。
#確かに上の画像見てもほぼ水平・真横に付いてるかも。
 
第二の問題点は、ハンドルバーエンド形状。
ハンドガードをバーエンドに差し込み、中から広げることで固定する仕組み。
そのため、バーエンドが中空であることが前提。
#タイガーのバーエンドがどうなっているかは未確認。
 
うーん、やはり純正オプションを付けるのが間違いなさそう。。
あっ、でも純正ハンドガード付けても、ハンドルフルロックでGiviロングスクリーンと干渉するよなぁ。。
#現行のGiviロングスクリーンは干渉する部分がえぐられているらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

厚底万歳!!

先日パソコンが壊れてからというもの・・・
古いノートパソコンを引っ張り出して使ってますが、とにかく遅い!
とりあえずメールやブログのチェックができるだけマシかも知れませんが。。
 


 
さっそく役立ってくれちゃいました!
 
 
茶臼山から長野に抜ける道で若干ルートを外れました。
その時、全4台で走行していましたが、私の青タイガーは最後尾。
 
センターラインこそ無いものの、約2車線ぐらいある道でUターンをすることに。
向かって前方左側はガードレールを挟んで崖。
反対の右側はフタの無い側溝を挟んで山壁。
 
山壁に向かって右回りでUターンし始めました。
1台目のCB750、2台目のW650、3台目のCB400SFは普通にUターンをクリア。
 
そして、私。
Uターンはイヤだなぁ、苦手だし。
でもCB1300SBと違ってアップライトなポジションだし少しは楽なはず。
と自分を鼓舞します。
 
リーンアウトでリラックスさせてゆっくりとUターンを始めますが、、
目の前の山壁、そしてフタの無い側溝につい目線が。。
 
そしてヘタレな私はアクセルを緩めてしまい、とうとう停止。
車体は右に傾いてしまい、あわてて右足を出します。
「やばっ!もう倒してしまうんかぃ!
 ウィンカー割れちゃうかなぁ、でもクラッシュバー付いてるし
 それより起こせるかなぁ?」
などと色んなことが頭をよぎります。
 
なんとか踏ん張れていましたが、気持ちが負けそうでした。
数十m先でCB400SFの超山岳案内人さんが待っててくれてましたが、自分が最後尾じゃなかったら即助けてもらえたのに・・と思ったり。
 
ですが、いつもより踏ん張りが効くことに気がつきました!
そうです、実はこの日、厚底ブーツデビューしたのです。
厚底のおかげで立ちゴケしなくて済みました。
 
実は当日履こうかどうか迷ったんですよね。
ミンクオイルで多少柔らかくなったとはいえ、安全靴のように堅い。
でも使わなければ慣れるはずはないと履いてきたのが幸いしました。
 
高価なブーツでしたが、これだけで十分モトが取れたと実感してます。
 
ふぅ、ホントに転けなくて良かった・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

パソコン壊れた・・・

メインで使っている、ミドルタワーパソコンが死んでしまった。。
 
7年前ぐらいに買ったBTOパソコン。
数日前からいきなりリセットしたり、シャットダウンしたりと調子悪かった。
 
そして今日、パソコンを付けっぱなしにして、青タイガーをカスタム。
ふと気がつくと電源が落ちている。
 
電源を入れるが・・・OSが立ち上がるどころか、BIOS画面も出ない。。
マザーボードが逝ったかな。。
 
Pen4-2.5GHz、メモリはDDR-1GB(DDR2でもDDR3でもない)。
#OSはWinXP (VistaはダメOSなので当然見送り)
かなり遅いし不安定だったので替え時だったのだが・・・
起動もしないとなると、すごーく不自由。。
 
とりあえず古いノートPCを使ってます。
スペックは確か・・Pen3-600MHz、メモリ-256MB。。
#OSはWin2000 (XPは無理なH/Wスペックだから・・)
 
今日は青タイガーにアレも付けたので記事書くつもりだったのに。。。
 
いや、そんなことよりHDDの中身がすごく心配。。
確認したいけど、S-ATAをUSB外付けできる設備が無いとキタもんだ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

紅葉狩りツーリング

会社のバイク仲間と紅葉狩りツーリングに行ってきました。
 
天気予報通り、一日中快晴のツーリング日和でした。\(^o^)/ 


午前9:00、道の駅 「土岐美濃焼街道 どんぶり会館」に集合。

後ろのドーム状の建物が道の駅です。
建物はどんぶりの形を模してます。
 
本日の参加メンバーは、全部で4人。
 ・私 (TRIUMPH TIGER1050)
 ・さすらいのSさん(KAWASAKI W650)
 ・超山岳案内人さん (HONDA CB400SF) ← 納車2日目ですって。(*^_^*)
 
今日の目的は、「紅葉狩り」。
koba-yanさんが愛知の道の駅スタンプをいくつか回収するということで、道の駅巡りしつつ、紅葉を探しました。
 
r66~R418~R363~R257経由で、道の駅 「上矢作 ラ・フォーレ福寿の里」へ。
 
R257を南下して、道の駅 「どんぐりの里 いなぶ」へ。
 

車もバイクもそれなりに居ましたが、思ったほどは混雑してませんでした。
しかし・・・並べてみると青タイガーは大きく見えます。
 
そのままR257を南下し、道の駅 「アグリステーションなぐら」へ。

ここはバイクも車もたくさん居ましたねぇ。 
 
さて紅葉を求めて、茶臼山高原を目指します。
茶臼山高原道路を上っていきます。
 

しかし・・・部分的に紅葉しているものの、かなりイマイチ。
来るの遅過ぎた?
 
とりあえず北上。
売木峠を抜けて~r46~R418経由し、道の駅 「信州新野千石平」へ。
 
【本日のお昼ご飯】

さくら丼(¥800)です。
てっきり、生の馬肉を期待していたら、火が通っていました。(+_+)
いや、まあ、確認しなかった自分が悪いんですけどね。。
 
と、ここまで紅葉らしい紅葉にお目に掛かっていません。
ここで超山岳案内人さんはトラブルで別行動となります。
超山岳案内人さんの「四季桜でも行ったら?」の一言に決めちゃいました。
 
到着したのは、午後4時。
それなのに付近はかなりの渋滞。。
何kmも離れた駐車場に歩いて帰る人たちも多数居ました。
 

メイン会場では屋台とかイベントがやっていたようです。
 
koba-yanさんがもっと良いビューポイントがあるというので移動。
 

斜面に四季桜と紅葉が並んでいてキレイでした。
ただ、、4時過ぎだと暗くなり始めていて、良く見えなかったし、
 

全然キレイに撮れてませんね。(>_<)
 
撮影の腕もだし、デジイチなんかが良いのでしょうね。
 
まだまだ走り足りないなぁ、年内にもう一度ぐらいツーリング行きたい。
 
【本日の走行データ】
走行距離 : 265.5km ← そういえば今日は全て下道でした。
 燃 費  : 21.28km/L (オンボードコンピュータによる値)
         20.62km/L (満タン法による計算)
走行時間 : 6時間15分
平均速度  : 42km/h
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

無念・・Rice Ball Meeting 参加できず・・

今週末開催される、TRIUMPH RALLY イベント 「Rice Ball Meeting」。
 
・・・残念ながら参加できません。。
 


 
トライアンフ タイガー1050 に乗り換えることになってから、色々と情報収集していました。
 
前車(CB1300SB)の時は、イヤと言うほどオーナーさんブログやカスタム記事、インプレ記事、雑誌の特集など情報がてんこ盛りでした。
そのせいで、過去にないほどカスタムやら盆栽に走ってしまいました。
 
それが・・・タイガーともなると・・・情報やアフターパーツが激減。
と言いつつ、色々と情報を頂いたり、カスタムしちゃってますけどね。(笑)
 

 
そんな中、「TRIUMPH RALLY」というサイトにたどり着いた。
 
管理人さんはトライアンフが好きで、惚れ込んでサイトを立ち上げられたよう。
#タイガーの試乗記事など参考にさせて頂いた。
 
「RALLY DAYS」なるイベントも開催されており、いつも関西方面のところ、今回は浜名湖。
ブログで知り合えた方にもお会いできるチャンス!
 
万難を排して行くつもりだったのだが・・・
検査入院で、金曜夕方~土曜午後まで身動き取れなくなってしまった。
あ~あなんと間の悪い。。
#重大な病気とかでは無いのですけどね。
 
次回は、関西などでも行ってみたいなぁと思いつつ、当日参加される皆さんは無事故・無違反で楽しんできてください~。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

タイガーインプレッション ~装備編~

青タイガーの装備についてインプレッションしてみます。

【カウルスクリーン】

Giviのロングスクリーンが付いていました。
純正スクリーンは付いてません。
歪みも気にならない程度です。
純正スクリーンより幅があるお陰か、肩付近への風当たりが少ないかも?
防風性は十分高いです。
反面、夏の暑い時期にはその防風性がアダとなりそうです。
来年暖かくなってきたら、別のスクリーンを購入予定です。
 
【グリップヒーター】

 トライアンフ純正オプションが付いていました。
コレは後付けでも絶対に欲しい機能の一つでした。
グリップヒーター、元BMW乗りのさすらいのSさんに教えてもらってからはバイクには必須アイテムだと確信しています。
冬の厳寒期は当然として、春秋の朝晩の寒さ、雨天時の寒さ、色んなシチュエーションで大いに使えます。
 
「Hot/Warm」の2段階切り替えが可能です。
ホンダ純正は5段階切り替え可能でした。
でも、結局そんなに細かく切り替えないので、2段階でもいっか?って気になりました。
Warmでも、ホンダ純正の最大近い発熱でしたので、Hotは一体どんな熱を出すのやら・・ 
 
【シート】

トライアンフ純正の、「ロージェルシート」、らしいです。
ローシートと言っても、ノーマルより1cmぐらいしか下がらないとのこと。
それに太ももが当たる部分の肉厚が有るので足付き性には効果が少ないです。
 
それよりもジェル内蔵のシートが良いです。
デイトナのゲルザブを内蔵しているようなものでしょうか。
と言ってもブヨブヨしているわけじゃないです。
高速でどっかり座っていてもお尻が全然痛くなりません。
 
ちなみにシートにはちょっとした仕掛けがありまして・・
 

 
シート裏にこんなループ状フックが4つ付いてます。
これを取り出して、ネットとかロープが引っかけられるのでしょう。
でも出したりしまったりするのが面倒だし使わないです。。
 
【パニアケース】

前車CB1300SBでも欲しかった装備。
四国ツーリング北海道ツーリングでは、布製のサイドバッグを使いましたが・・・
マフラーへの接触の心配や固定方法が面倒だったり。
雨天では使いにくいし、宿では積み降ろしが面倒だったりと不便でした。
 
純正だけあって車体とのマッチングは良いし、付けた方がサマになると思ってます。 
ただ・・車幅が90cmぐらいになってしまうので、気軽にツーリングに付けては行けないです。
 

ただ・・このパニア、右側はマフラーに接触しないようにえぐれた形状をしてます。
容量もその分少ないです。(左:24L、右:19L)
それは仕方ないんですが、バイクから外して地面に置こうとしても自立できないんですよ。
取り外さない、という前提なんでしょうねぇ。。

 
後は細かい部品なんですが。。。
外車なのに日本製企業のパーツが多いです。(笑)
 

これはセルモーター?デンソー製ですね。
 

スイッチボックスはヤマハと一緒。
TDM、TRX、XJRと同じらしいです。(FZSとは違ってました。)
 
青タイガーにはハザードが無く、スイッチボックスでもはめ殺しになってます。
ですが、ヤマハの上記車種のを流用して普通にハザードが使えるようになるそうですので、その内チャレンジしようと思ってます。
 

電子制御系?KEIHIN ヨーロッパですね。
 
ブレーキローターはサンスター。(画像うUP制限に引っかかりました)
 
こんな感じなので結構信頼性は高いんじゃないかと思ってます。
 

後気になるのは、インジェクションのカーボン堆積によるアイドリング不良?です。
同じエンジンを積んでいる、Sprint STに会社同僚が乗っています。
その人に聞いた話ですが、信号などで停車時にエンジンストールすることが時々発生。
セルですぐにエンジンが掛かるので様子見していた。
 
数ヶ月後、現象が激しくなったのでディーラーに持って行き診断。
するとインジェクションにカーボンが堆積して不調を起こしていたそうです。
 
発生頻度はわかりませんが、ちょっと気になる情報として覚えておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

リムストライプ装着と検査入院

ホイールにリムストライプを装着しました。
 
前車CB1300SBで付けていたので、今回もやってみようかと。
と言っても・・・今回はお金をなるべく掛けずに自作しました。

1.準備編
まずは材料調達から。
カッティングシートを買ってきます。
青タイガーは車体色が、カスピアンブル-で、ホイールがシルバー。
アクセントとするには、メタリックブルーの予定でしたが・・・
 
近所のホームセンターで聞いてみるとメタリックは無い。
しかも取り扱っているのは屋内の内装用なので、車やバイクには耐候性が無いのでお勧めしないとのこと。
確かにそうです、近所のカーショップに行ってみました。
ところが、メタリックが無い。
仕方ないので、非メタリックのブルーのカッティングシートを購入です。

50cm×100cmで足りる予定。。
 

リムストライプ形状を配置して、
 

切り取って、リムストライプテープの準備完了です。
この形状、前車CB1300SBでMDF製を購入、貼り付けたのですが、予備が残っていたので、そこから型を起こしました。
と簡単に書いてますけど、結構地味で手間が掛かりました。
 
2.装着編
まあ貼るだけなので特記すべき内容はありません。

~Before~
 

~After~
 

 
う~ん、シルバーホイールにブルーだと目立たないですねぇ。
とりあえず雰囲気は掴めたのでコレで良しとします。
 
あっ、でも反対側も作らないと・・・面倒なのでホイール2面分しか作ってません。
どうせ両側同時に見えないので右側だけ貼ってみました。
 
材料費 : 100cm×100cmのカッティングシート、400円也
 
17インチのバイクなら流用効きますので、試したい方お手伝いしますよ~
 

【本日の代車】
バイク屋に相談してみたところ、
「公式に燃料ゲージに対するコンピューターのアップデートは無い。
 ただし、アップデートで直ることもあるので、アップデートは行いましょう。
 それと、燃料ゲージのフロート作動チェックも行います。」
 
それには「トライアンフ インジェクションテスター」が必要だとのこと。
本日それが届いたので調査することにしました。
 
アップデート自体はすぐに済みそうでした。
しかし、フロートの動作チェックは時間が掛かりそうとのこと。
ガソリン満タンから少しずつ減らしていって、燃料ゲージ表示をチェックするとか。
 
代車が有るっていうことで預けてきました。
 

代車は、HYOSUNG GT250[ROADSPORTS] です。
スペックは以下。
 ・空油冷4st VツインDOHC4バルブ, 249cc,
   馬力:22kw(30ps)/10,500rpm,
   トルク:23Nm(2.3kgfm)/8,000rpm
 ・燃料タンク17L
 ・車体2,080mm(L)×760mm(W)×1,120mm(H), シート高780mm
 ・タイヤ(F)110/70-17, (R)150/70-17,重量153kg
 
倒立フォーク、インジェクション仕様で、価格は\385,000(税込み\404,250) です。
 
「VTR250とかと同じようなモノですよ」と受け取ったのですが・・・
全然走りません・・・
いや、青タイガーとか大型を乗ってるってのも有りますが、ソレをさっ引いても・・・
 
タコメーター、11000rpmぐらいからレッドゾーンなんですが、5000rpmぐらいから回転が上がらない。
しかももっさりとしかエンジンが回らない。。
 
ん?キャブセッティングがおかしいのかなぁ?
ってインジェクション車じゃん!コレ!
とか一人ボケツッコミしながら帰宅。。
以前代車として借りた、「ヤマハ ブロンコ」や、「ホンダ SPADA」よりも断然新しいのに・・・
 
まあタマタマ調子が悪かったのでしょうね、多分・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

タイガーが立った!

 
しかし、そのセンタースタンドが掛けられないという状態に、途方に暮れていたわけですが・・・
の続きです。
 

 
まずは結論から。
 
いくつかの試行錯誤の結果・・・
立った!タイガーが立ったよ!
 

やっとセンタースタンド立てた姿を見ることができました。(大げさな・・・)
 
いざ、センタースタンドを立ててみると・・・
すごく高い、それに大きく見える。
センタースタンド立てた状態で初めて見てたら、「絶対乗れないわコレ!」発言間違い無しです。
 

リアタイヤを見ると・・・
10cmは浮いてませんがかなり浮いてる気がする?
 
もともとサスストロークが長めなのに、ローダウンしてあるので、これだけ浮くのではないかと。。
 
ちなみに、CB1300SBの時はというと・・・・
 

ちょっとわかりにくいですが、このように、2~3cm程度しか上がってませんもん。
 

【センタースタンド掛けへの道:その1】
まずは「リアのプリロードを戻してみよう!」です。
 
青タイガー、シート高の高さにおびえていたので、納車時にリアのプリロードをかなり抜いてもらいました。
そのため当然車高が落ちているわけです。
まずはリアのプリロードだけ変えてみて、センタースタンドが掛けられないかを確認。
#ローダウンを止める、という選択肢はナシよ。(*^_^*)
 

リアのプリロードは右側ステップの真上ぐらいからアクセスできます。
これは標準の状態です。
 
・・・やっぱりセンタースタンドが掛かる気配を見せません。
この前にプリロードを最強にしてみましたが、コレも変わらず。
プリロードを変えたぐらいでは足付き性もあまり変わらなかったので当然と言えば当然かも。。
 

【センタースタンド掛けへの道:その2】
「擬似的にローダウンをキャンセルしてみよう!」です。
 
ローダウンしてある → 車高が下がる → センタースタンドがラクに掛けられる下限を下回った
 
となるわけですから、センタースタンド掛けるときだけ車高が上がれば良いじゃん?
 

というわけで、家にあった厚さ1cmの木の板を持ってきました。
 

これを、リアタイヤで踏みます。
これで1cm車高が上がった計算に。
 
ハンドルをまっすぐにし、車体を立てて、センタースタンドの両足を接地させます。
そこからいつものように右足を踏んだ途端、さっきまでと明らかに違う感触が!
 
スッと車体が後方に浮き上がる動きを見せます。
もう後は、車体に軽く腕を添えて、右足を踏み切るだけであっさりとセンタースタンドが掛かりました、
 
やはりローダウンで車高が下がり、センタースタンドがラクに掛けられる車高より低くなっていたのが原因と見て間違い無いです。
たった1cmの車高の差がこれほどまでに影響するとは・・・
 
出先でセンタースタンドを掛けることはないのでこれで良しとしましょう。
これで、せっかく購入したセンタースタンドが無駄にならずに済みました。
良かった良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

このコネクターって・・ナニ?

青タイガーから電源を取ろうと、シート下を見ていました。
 
ちょっと気になるコネクタがありまして・・・
 

白い枠で囲った部分にナニも繋がっていないコネクタが有るんですよ。
 

カバーをめくってみるとこんな感じ。
 
これって何のコネクタなんでしょう?
どなたか知ってる方教えてください。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

ナガシマスパーランド

今日は一日曇っていて肌寒い日でしたね。
 
そんな休日、ナガシマスパーランドに行ってきました。
祝日にツーリング行ってるのでこれぐらいはしておかないと・・・

冬の期間の営業時間は、9:30~17:30と短い。
早めに出発し、9:00には到着しましたが、すでに100人は並んでました。
 

 
10数年ぶりに来ました。
日曜日なのに比較的空いてました。
 
結局閉園時間まで遊び、23回(20種類ぐらい?)、乗り物に乗りましたが・・・疲れた~。
 
ほとんどが長くても10分ぐらいの待ちで済みました。
ホワイトサイクロンとスチールドラゴン2000には乗らない前提で行きましたけどね。
もともと絶叫マシンが得意ではないのと、乗り物制限があったので。。
 
ホワイトサイクロンは若い頃何度か乗りましたからわかりますが。。
 
スチールドラゴン2000は見ただけですごく怖そう。
あんなの頼まれたって乗りません。
 
ジャイアントフリスビー、これまた凶悪。
乗ってたのは10~20代の若者たち。
みんな楽しそうに乗ってたけど、良く乗れるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

青タイガーにSW-MOTECH センタースタンド&クラッシュバー装着

青タイガー用のパーツを取り付けました。
 
SW-MOTECH製 センタースタンドとクラッシュバーです。

 
まずはセンタースタンドから。
チェーンメンテするにも、自宅で駐車するにも、センタースタンドはあると便利なので。
 

「品番: HPS.11.611.100」です。
センタースタンドとシャフト、センタースタンドストッパー等の部品から成っています。
 
センタースタンドストッパーはマフラーに溶接されているねじ穴に付けます。
 

シャフトにグリスアップして、フレーム下の純正センタースタンド用の穴に通して、割ピンで固定。
 

スプリングを車体とセンタースタンドに掛けて作業完了。
ちなみにスプリングは専用工具を持っていませんが、電気コードで引っ張ってやると簡単にできます。
 
で、ここで問題が・・・
センタースタンドが掛けられません!!
なんと情けない!
まさに、「父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ!」状態であります。
 
CB1300SBのセンタースタンドはラクに掛けられたので予想外。
国産より外車の方がセンタースタンドは掛けやすいって聞いてたのに。。。
まぁ、私の腕力が無い&掛け方がヘタ、なんでしょうね。。
 
結局・・・今日の所はサイドスタンドのまま駐めました。(泣)
 
<<追記>>
センタースタンドのかけ方をググっていたら・・・
「ローダウンしてある車両は特にかけにくい」との記事が。
そうか・・・確かにそうかも知れない!
だからといってローダウンは止められないので、何とかコツを掴むしかないなぁ。
 

 
次はクラッシュバー。
いわゆるエンジンガードになります。
「立ちゴケ」や「転倒」など起こしたく無くても起きてしまうアクシデントがありますよね。
そんなとき、「転んでも凹まない(泣かない)」ために装着しました。
 
何故かというと・・外車はパーツ代が高い!
外車のカウルなどは無塗装で送られてくるらしく、別途塗装代が必要だとか・・
ちなみにビッグマシンのバックナンバーに載っていたパーツ代は・・・
 ・ウィンカーASSY : 8.299円
 ・ギヤチェンジペダルASSY : 16,162円
 ・リヤブレーキペダル : 16,926円
 ・タンクカバー(片方) : 52,185円
 ・アッパーカウル : 103,005円
 などなど。。
 
一回立ちゴケしただけでも相当のダメージを負います。
そうならないためにもクラッシュバーは私には必須と判断しました。
 

「品番: SBL.11.610.100B 」です。
ガッチリとしたスチール製?で、3本の車体ボルトに共締めして固定します。
 

で、装着した完成状態がコチラ!
 
はい、購入したバイク屋で装着してもらいました。(爆)
かなり大きいトルクスネジだったし、エンジンマウントボルトを外しての作業は自信が無かったので。。
 
でもソレが大正解でした。
 
クラッシュバー自体は精度が良く、エンジンマウントとのずれはほとんど無かったのですが・・・
 
クラッシュバー付属のボルトやナットが特殊でした。 
 
インチでもミリでもない・・・・ナニソレ?って聞いたら・・・
「ブリティッシュインチ」だそうです。
そんな規格の工具は持って無いどころか、初めて聞きましたよ。
古いイギリス車には多いらしい?
最近のパーツでもあるんですね。
 
結局2人がかりで作業し、0.6hの作業時間。
さらに外車の社外パーツなので、×0.5の加算。。
(外車でも国内パーツなら標準工数が明記されているので、この加算は無いそうですが・・・)
まあ自分でやっていたら間違い無く途中で挫折してましたので、工賃は妥当ですね。
 

 
純正然としており、違和感があまりありません。
CB1300SBにはゴールドメダル製のスラッシュガードを付けていました。
軽かったのですが材質が柔らかく、一回の立ちゴケでかなり潰れてしまいました。
それに比べると、重いのですが、かなり強度が高そうです。
効果を感じる状況には成りたくありませんけどね!
 
 
全く別件ですが・・・バイク屋の工場長と話していたら・・・
下取りに出したCB1300SBは先週売れたらしいです。
次のオーナーにもかわいがってもらえると良いね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

静岡道の駅~ガンダム見に行こうツーリング

11/3(水・祝日)、ツーリングに行ってきました。
青タイガーでやっと2回目のツーリングでした。
 
前夜に雨がぱらついていたモノの、当日は終日快晴でした!
 


 
午前5:30に起床して外に出てみると寒い!
やはり冬装備で出掛けないとマズイと判断。
 上:半袖Tシャツ+HYODウィンタージャケット(インナー有)+ネックウオーマー
 下:イオンのヒートテックもどきアンダーパンツ+HYODウィンターオーバーパンツ
この装備なら10度程度ならほとんど寒さを感じませんでした。
 
毎回、遅刻しちゃマズイと思って早く出発、到着してしまうんですよね。
集合場所(美合PA)に、午前7:00に到着してしまいました。
集合場所からの出発は午前8:00なのに・・・
 
ゆっくりパンなどを食べていると皆さん集合。
 

今日の参加メンバーは全部で8人。
 ・山賊12sさん(SUZUKI Bandit1200S)
 ・私(TRIUMPH Tiger1050)
 ・K氏(若い方) (KAWASAKI VALCAN DRIFTER)
 
予定通り、午前8:00に出発します。
さすがは祝日、渋滞まではいかなくとも、混雑しており、走行車線でややゆっくりと走ります。
 
高速を下りてまずは、【道の駅 掛川】。(写真無し)
スタンプラリーデビューのkanarieさんだけスタンプを押してましたね。
 
【道の駅 川根温泉】

温泉施設があるだけに朝から駐車場は満車。
そのため、道の駅からは一番遠いところに誘導されてしまいました。
 
【道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘】

手前が駐車場ですが、入り口が立派な門構え。
こういう入り口は初めてでした。

敷地内に入ると芝生広場に道の駅施設。
天気も良いし、なかなか良い雰囲気でした。
 
【道の駅 奥大井音戯の郷】

入場料600円を払うと音で楽しめる施設に入れるそうですが・・・スタンプ押してスルー。
 
ここは大井川鉄道の千頭駅、SLが毎日定時に運行されていました。
有名らしいのですが・・・私は知りませんでした。(汗)

ちょうどその時、そのSLが到着。
現役として走ってるSLは初めて見たかも?
SLからはたくさんの人たちが下りてきました、やっぱり有名なのね。。
 
【本日のお昼ご飯】
千頭駅前のそば処「丹味」にて、冷たいおそば「ぶっかけ」を頂きました。
観光地の食事処にしてはなかなか美味しかった。

ちなみに・・・
SLを見に行っている間に、山賊12sさんが先行して席を取っておいてくれました。
おかげで待ちもなくお昼にありつけました。>山賊12sさん、ありがとうございました。
SLを下りてきた観光客で周辺はかなり混雑してましたので・・
 

駐車場付近では紅葉が始まっていましたが、まだまだのようです。
 

と、ここで偶然青いバイクが3台並びました。
FZSはちょっと紫っぽく見えましたし、Banditは濃紺、タイガーはすこし薄めの青、って感じでしょうか。
 
さて次は本日のメインである、等身大ガンダムです。
東静岡駅で行われている静岡ホビーフェアです。

付近は駐車場は無いらしいのですが、バイクはすぐ近くの駐輪場に停められるようになってました。
 

まずは東静岡駅の階段踊り場から光学12倍ズームを活かして撮影(コンデジです)
 


実際に見ると・・あまり大きく感じないのは何故・・?
そうです、すぐ近くにあるdocomoビルが大きすぎるんです。>邪魔だなぁ。
背面バーニアは微妙に角度が付いてました。
 

でも十分迫力有りますねぇ。
あと何十年したら現実にモビルスーツが実用化されるのかなぁ・・・
 
会場をぶらぶらしていると、なにやら水で地面に散水しているおじさんがいまして・・・
 

シャア・アズナブルやら、
 

ザク、を書いていました。
中々器用ですねぇ、バンダイの社員だったりするのだろうか?
 

ホビーミュージアムもありましたが、入場料600円でした。
時間に余裕が無かったし、特に見たいモノが無かったので、入りませんでした。
シュビムワーゲンじゃなくて、キューベルワーゲンだったら入ったのになぁ。。。
 
後は帰るのみ。
午後3時過ぎに会場を後にし、東名高速は静岡ICから入り、浜名湖SAで最後の休憩。
ついアイスコルネットをまた食べてしまいました。
ここに来るといつも食べてしまうんですよね。
 
岡崎~豊田間で15kmの渋滞を抜けて、午後6:50に帰宅しました。
 
【以下、タイガーのトリップコンピュータより】
 本日の走行距離: 418.6km
 走行時間 : 7時間7分
 燃料消費量 : 4.7L/100km (=21.28km/L)
         (ガソリン満タン法だと、20.5km/Lでした)
 
いつも近所のガソリンスタンドで給油してから帰宅し、1km走って帰ってきます。

今日は、ちゃんとメーターが満タンになってました。
残走行距離は371kmと出てます。
そんなにギリギリまで入れたつもりはないのですが・・・良くわかりません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

KADOYA BLACK ANKLE(A) 購入

明日は久しぶりのツーリング~ (嬉)
 
でも午後9時頃雨降ってたなぁ・・・明日はずっと晴れてて欲しい。

さて、先日買っちゃったモノ、というのは・・
 
KADOYA BLACK ANKLE(A) でございます。
 
以前から足付きがどーのこーの言っており、KADOYAとDEGNER BOW-1で悩んでいました。
両方ともつま先部で25mm、ヒール厚55mmのアップの代物です。
 
末尾の「(A)」は、厚底、そう、「あ」つぞこの「A」なんです。
#なんて安易なネーミング(笑)

これは、DEGNER BOW-1
 
DEGNERも試着してからゆっくり決めようと思っていたのですが、思わぬ好条件に我慢できず・・・
 
以下商品説明から抜粋。
「足着き性を考慮したブラックアンクルの厚底仕様であるBLACK ANKLE-A。
 リアエントリーシステム・足首シャーリング・インナーパッド・インナーチェンジパッド・トレックバイカーズソールとポイントを押えてあり、スーパータウン仕様と呼ぶにはふさわしいショートブーツです。
 材質はオイルドカウ、2.2mm。
 ショートブーツタイプ。 」
 

まだミンクオイルでメンテ?中。
(ちょっと塗りすぎかも?)
 

見てみて、この見事な厚底!
これ以上厚底にするとライディングに影響が出るのは必至かと。。
 
インプレ・・・ライディングには未使用のため、何とも言えません~。
 
せっかくだから使いたいのですが・・・
いきなり明日の長距離ツーリングに履いていくのもちょっと心配だし。
(なんて小心者・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

あ~あ、また買っちゃった・・・

もうちょっと我慢するつもりだったのに・・・・
 

 
KADOYAなんて、普段値引きしてないのに・・・
 
某バイクネットショップで、1割引+2割ポイント付加の実質3割引。
 
どうせ欲しいものだし、いずれ買うなら条件が良いウチにと自分に言い聞かせてポチッとしてしまいました。
 
ホント物欲に弱過ぎ>自分
 
とりあえずミンクオイルで処理中。
 
今度のツーリングには間に合わないかなぁ~
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »