« このコネクターって・・ナニ? | トップページ | リムストライプ装着と検査入院 »

2010年11月13日 (土)

タイガーが立った!

 
しかし、そのセンタースタンドが掛けられないという状態に、途方に暮れていたわけですが・・・
の続きです。
 

 
まずは結論から。
 
いくつかの試行錯誤の結果・・・
立った!タイガーが立ったよ!
 

やっとセンタースタンド立てた姿を見ることができました。(大げさな・・・)
 
いざ、センタースタンドを立ててみると・・・
すごく高い、それに大きく見える。
センタースタンド立てた状態で初めて見てたら、「絶対乗れないわコレ!」発言間違い無しです。
 

リアタイヤを見ると・・・
10cmは浮いてませんがかなり浮いてる気がする?
 
もともとサスストロークが長めなのに、ローダウンしてあるので、これだけ浮くのではないかと。。
 
ちなみに、CB1300SBの時はというと・・・・
 

ちょっとわかりにくいですが、このように、2~3cm程度しか上がってませんもん。
 

【センタースタンド掛けへの道:その1】
まずは「リアのプリロードを戻してみよう!」です。
 
青タイガー、シート高の高さにおびえていたので、納車時にリアのプリロードをかなり抜いてもらいました。
そのため当然車高が落ちているわけです。
まずはリアのプリロードだけ変えてみて、センタースタンドが掛けられないかを確認。
#ローダウンを止める、という選択肢はナシよ。(*^_^*)
 

リアのプリロードは右側ステップの真上ぐらいからアクセスできます。
これは標準の状態です。
 
・・・やっぱりセンタースタンドが掛かる気配を見せません。
この前にプリロードを最強にしてみましたが、コレも変わらず。
プリロードを変えたぐらいでは足付き性もあまり変わらなかったので当然と言えば当然かも。。
 

【センタースタンド掛けへの道:その2】
「擬似的にローダウンをキャンセルしてみよう!」です。
 
ローダウンしてある → 車高が下がる → センタースタンドがラクに掛けられる下限を下回った
 
となるわけですから、センタースタンド掛けるときだけ車高が上がれば良いじゃん?
 

というわけで、家にあった厚さ1cmの木の板を持ってきました。
 

これを、リアタイヤで踏みます。
これで1cm車高が上がった計算に。
 
ハンドルをまっすぐにし、車体を立てて、センタースタンドの両足を接地させます。
そこからいつものように右足を踏んだ途端、さっきまでと明らかに違う感触が!
 
スッと車体が後方に浮き上がる動きを見せます。
もう後は、車体に軽く腕を添えて、右足を踏み切るだけであっさりとセンタースタンドが掛かりました、
 
やはりローダウンで車高が下がり、センタースタンドがラクに掛けられる車高より低くなっていたのが原因と見て間違い無いです。
たった1cmの車高の差がこれほどまでに影響するとは・・・
 
出先でセンタースタンドを掛けることはないのでこれで良しとしましょう。
これで、せっかく購入したセンタースタンドが無駄にならずに済みました。
良かった良かった。

|

« このコネクターって・・ナニ? | トップページ | リムストライプ装着と検査入院 »

(01)青タイガー(TRIUMPH TIGER 1050 ABS)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4353/64186126

この記事へのトラックバック一覧です: タイガーが立った!:

« このコネクターって・・ナニ? | トップページ | リムストライプ装着と検査入院 »