« 七釜温泉ツーリング その1 | トップページ | 七釜温泉ツーリング その3(最終回) »

2011年5月 3日 (火)

七釜温泉ツーリング その2

GWの初日から1泊2日のツーリングに行かせてもらったこともあり、今日は家族サービス。

まだ新しい名古屋第二環状道(名二環)と知多半島道路を使って、上野間に潮干狩りに行ってきました。
名二環と知多半島道路が繋がって非常にラクチンになりました。
名古屋の混雑を一気に通過できますからねぇ。

とまぁ、行きは良かったのですが、帰りはやはり渋滞しました。
美浜IC、えびせんべいの里付近は数kmに渡って駐車場待ちの大渋滞。
そして知多半島道路も13kmの渋滞、下道で帰ってきましたけどね。。
 
これで週末の日帰りツーリングの貯金も貯まりました。(*^_^*)


さて、七釜温泉ツーリング1日目の続きです。
 
舞鶴とれとれセンターにてお昼ご飯を食した後はR175~R178経由で天橋立を目指します。
14:00、2kmほど渋滞に巻き込まれて天橋立に到着。
ここで薄暗~くなってきて、小雨が降り始めました。

しばし 天橋立松並木を散策した後戻ってくると、ナイスタイミングで廻旋橋が動き始めました。
せっかくなので動画で。
90度旋回して航路を作ります。
 
次に、90度旋回して航路ができたところを船が通過。
 
そして、船が2隻通過した後、90度回転して元に戻る。
と言った塩梅でした。
 
次は丹後半島を左回りで一周します。
途中で雷雨になったり、降ったり止んだりの天気。
ウィンタージャケットにカッパという装備が裏目に出て蒸し暑い!
 
15:30、丹後半島を回りつつ、伊根の舟屋に到着。

『丹後半島の東端にある伊根町では、船のガレージを舟屋と呼んでいます。
 1階には船揚場、物置、作業場があり、出漁の準備、漁具の手入れ、
  魚干物の乾場や農産物の置き場等に利用。
 2階は生活の場、客室、民宿等に活用されています。 
 周囲5キロメートルの湾に沿って230軒あまりの舟屋が立ち並ぶ風景は壮観。
 全国的にも大変珍らしく、重要伝統建造物群保存地区選定地でもあります。
 またこの景色はどこか懐かしく、日本の原風景を感じさせる美しさが今でも大切に残されていて、伊根町独自の詩情を漂わせています。』
 

こんな風景にはエストレヤが似合うと思いました。
#W650にも似合うと思いますよ>さすらいのSさん

ここでU氏からSW-MOTECHラックにひびが入ってるとの指摘がっ!

ギャー!ステーを留めてるワッシャーの1つが見事に割れてます。(>_<)
全然気が付かなかったヨ!
規定トルクで締めてますが、Givi52Lトップケースはやはり重すぎたのかも・・
このままでは怖いので別のワッシャーに換えないと。。
 
16:10、経ヶ岬に到着。

野生?の猿なんかも居て、普通に駐車場内をうろついてました。
 

自衛隊のレーダーサイトも見えます。


経ヶ岬灯台はどこかなぁ・・・駐車場の端からやっと見えるところにあり、上ったりはできないみたい。
 
さて、本日の宿は七釜温泉。
まだ100kmぐらいあります、当然下道です。

18:30、R178を延々と走り、やっと宿に到着しました。

敦賀原発とか行ってたらもっと到着が遅くなってたんで、行かなくて良かった・・
 
う゛ぁ~とか良いながら露天風呂に入って、宴会に突入。

春の浜坂といえば・・・ホタルイカ、だそうで、今回の晩ご飯は「ホタルイカ懐石」です。
 

ホタルイカのお刺身。
 

ホタルイカの沖漬け。
 

その他色々美味しくてお腹いっぱいでした。
 
各々の会社や私生活の話で盛り上がり、あっと言う間に楽しい時間が過ぎてしまいました。
 
そして・・次の日の天候を気にしつつ、就寝しました。
 
 
次で最後になります・・・続く。
 
 
 

|

« 七釜温泉ツーリング その1 | トップページ | 七釜温泉ツーリング その3(最終回) »

(25)ツーリング2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4353/64186248

この記事へのトラックバック一覧です: 七釜温泉ツーリング その2:

« 七釜温泉ツーリング その1 | トップページ | 七釜温泉ツーリング その3(最終回) »