« 伊豆ツーリング:その0 | トップページ | 伊豆ツーリング:その2 »

2011年6月 5日 (日)

伊豆ツーリング:その1

伊豆ツーリング:その1 です。
 
<計画編>
中部道の駅スタンプラリー、近場を除いては、三重南部と静岡の伊豆方面が残ってました。

距離が遠く、中々腰を上げられないまま至っていました。
それにどうせ行くならスタンプ押すだけでは勿体ないですしね。

それに休日ETC1000円が有るし、バイクは平日も1000円になるからその内行けば、なんて思ってました。
・・・震災が起きるまでは。。。
 
結局6月19日にはETC1000円も無くなってしまう事が判明。
それに青タイガーを買った時にもらった宿泊施設の有効期限もあることから、
会社が平日休みである6月3日(金)~4日(土)に計画。
梅雨に入る前だし良い季節だよね~なんて思ってたら予想外に早く梅雨入り。
#早く梅雨入りしたなら、早く終わってくれれば、なんて都合良くはいかないようですね・・・
 
宿泊施設の無料キャンセルが効く直前まで天気予報とにらめっこしてました。
そしたらなんと都合良く天気が良さそうなので決行することに。

<出発前トラブル>
出発前夜、トップケースを付けておこうとして、バイクカバーを外したところ・・・
 

SW-MOTECHキャリア部分を留めているワッシャーがポロリと落ちてきました。
GWの七釜温泉ツーリングでU氏から指摘された左側ではなく、今度は右側が破断してました。

手元に手頃なワッシャーは無いし、ホムセンも閉まってる。
とりあえずワッシャーは外して、ネジロックを多めに塗布して締めときました。
高速でいきなり折れたりしないだろうけど、出発前に心配事ができちゃいました。
#ツーリング中に色んなネタを仕入れてしまう某ライダーに比べればトラブルの内に入りませんけどね。(笑)

<出発準備>
長距離や宿泊ツーリングだと、天候などの状況変化に対応できるよう、
色々と装備を持って行くのですが・・・
トップケースキャリアの強度が心配なので今回は極力荷物を減らしたい。
 
宿はアメニティが揃っているので、最低限の着替えのみでOK。
となると後は装備関係ですね。
伊豆地方の予想気温は、18~28度と結構幅がありそう。
街中は暑いだろうけど、出発時の早朝や山の中だと寒いのかも?
 
で、結局悩んだ末の装備がコレ。
 上:HYODメッシュレザージャケット(+防風インナー)
 下:GOLDWINゴアテックスパンツ(+KOMINEクールマックスタイツ)
 足:ブラックアンクル(A)
 手:HYODメッシュレザーグローブ
メッシュレザージャケットでも寒くなったらカッパを着れば良いし。。
 
<AM3:00 自宅を出発>
平日なのでETC1000円が使えません。
伊豆半島を余裕持って周遊したいのと、少しでも高速代を安くあげようと、
深夜割引の効く時間に出ました。
 
前日まで雨が降っていたので、高速の路面は所々濡れてる状況。
しかも、豊田JC付近では濃霧で視界50mぐらいとなり怖い怖い。
すぐにヘルメットのシールドに水滴が付いてしたたり落ちてきました。
と言う状況だし、焦って事故るなんて以ての外なので、ぬぬわkm/h程度に抑えて巡航。
 
<AM4:00、浜名湖SAで休憩>
Y氏は腹が減ったと言うので、自称夜食と称して「肉うどん」を注文。
私もちょっと迷いましたが、次の休憩で軽く食べることにしてここはスルー。
 
やはりトラックが多いですね。
でもすぐに道を譲ってくれるのでストレス無く走行できました。
 
<AM5:00、日本平PAで休憩>
トイレ休憩のみ。
 
<AM5:50、富士川SAで休憩>
Y氏は富士川楽座のスタンプを押したかったのですが、
この時間では開いてないので断念。
 

小腹が空いたので、朝食がてら「駿河のそば(¥400)」を注文。
#「駿河」なのは桜エビ天ぷらが載ってるから?
 
このSAレストランには結構色んなメニューが有って迷ったのですが・・・・

「ETC割引丼」って何?(笑)
 

「富士宮焼きそばカレー」って?(笑)
「B-1グランプリ2連覇の富士宮焼きそばと当店自慢のカレーを勝手にコラボ!
 二つの味が楽しめるお得な一品です。」
だそうで、早朝でなければ頼んでしまいそうな一品でした。
 
そばを食べながらふと外を見ると富士山が!

さっきまで雲でよく見えなかったんですが、はっきりと見えるなんて。
初日から富士山を拝めるとは幸先が良いなぁ。\(^o^)/
 
<富士川SA~沼津IC~伊豆縦貫道~R136~県道18>
富士山を拝めたのでテンションが上がってきました。
次の富士山ビューポイントである達磨山レストハウスを目指します。
 
まずは沼津ICで降りて、現在無料期間なのを利用して伊豆縦貫道に乗ります。
この道、2011年版ツーリングマップルには載ってますが、
当然レーン情報なんかわかりません。
何とかなるやと思っていたんですが、harunonパパさんから情報が。
「沼津ICを出るときに一番右のゲート以外は伊豆縦貫道へ行けません。」
えっ!そうなの?
googleマップでズームインしてみると確かにその通りのようです。
いやぁ、聞いといて良かったわ~、左方向に行くからてっきり左レーンに寄っちゃうところでした。(笑)
 
R136を南下して修善寺から県道18に入るつもりでしたが、
ここでもharunonパパさんからの情報が。
「修善寺ユースホステル~虹の郷~伊豆国際カントリークラブと繋いだほうがスムーズ」
ここも事前にgoogleマップで詳細地図を確認・印刷していったので難なくクリア。
#虹の郷は開園前だったので、遠足園児には会えませんでした。(笑)
 
こうやって事前に把握できてると、気持ちと行動に余裕が出ますね。
慣れない土地や道路だとルートミスや遅れが気になって焦ったりするのでなおさら。
余裕が有ると周りが良く見えるし、より安全運転ができると感じました。

<AM8:00、達磨山レストハウスに到着>

虹の郷付近から急に霧が出てきて何だかイヤな予感がしてきました。
案の定、霧で富士山は全く見えませんでした。
 

案内によるとこのように見えるらしいのですが。。
富士山の眺望は諦めて先に進むことに。(>_<)
 
<西伊豆スカイライン~県道59>
西伊豆スカイラインこと県道127を南下します。
ツーリングマップルでは
「高所を走る快走ワインディング。眺望が見事」
とありますが、この霧では。。。

前を見ても霧。
 

後ろを見ても霧。
 

下を見ても霧。
 
でも、場所によってはたまに霧が晴れてたりするんですよね。

ここは思わず停車してしまいました。
 
ほぼ全線霧が出ていて眺望はイマイチでしたが、適度なくねくねで気持ち良く走れました。
 
その後の県道59は、険道レベルじゃないかと。。
こぶし大の落石はあるし、落ち葉や枝も結構路面に落ちてる。
ちょっとここでテンションダウンしてしまいました。
 
 
その2に続きます。
 

|

« 伊豆ツーリング:その0 | トップページ | 伊豆ツーリング:その2 »

(25)ツーリング2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4353/64186235

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆ツーリング:その1:

« 伊豆ツーリング:その0 | トップページ | 伊豆ツーリング:その2 »