« TRIUMPH Tiger1050ミーティング開催予定 | トップページ | キライになるのは一瞬なのね・・・(追記有り) »

2011年11月 6日 (日)

過去のヘルメットたち

バイクに乗り始めてから約四半世紀経過し、当時使っていたヘルメットを思い出してしまいました。
 
1..nava(ナバ) 型名不明
 
 写真はネットで探しに探しまくって、海外で見付けたもの。
 大体こんな形状で、口元が盛り上がってたところが気に入ってました。
 
 バイクに乗り始めた高校時代、ヘルメットの装着は義務付けられていませんでした。
 #これは原付だけだったのかな?
 なのでノーヘルのライダーを当時よく見かけました。
 しかし、どう考えてもノーヘルでは危ないでしょ!ってことで買いました。

 今考えると当時のヘルメットは安い方で、2万あればSHOEIのミドルクラスは買えたような覚えがあります。
 でもでも、当時学生には2万すら高すぎて、安くてネームバリューのあるnavaにしました。
 確か1万円ぐらいだったような気がします。
 当然、ベンチレーションなどの装備はないし、クールマックス素材なんて無縁の世界でした。
 DT50を単独事故で全損するまで使いました。
 
2.SHOEI GX-1
 
 
 当時珍しいデザインで一目惚れして購入。
 「フラッシュサーフェイス」なる言葉が出てきたのは確かこの辺だったような。。
 こいつの白を被ってました。

 でも、使ってみたら、帽体はまん丸でデカくて頭でっかち、まるで宇宙服のヘルメットみたいですね。
 この画像じゃわかりにくい(と言うか型が古過ぎて画像探すのも大変だった)のですが、
 シールドが三次元曲面で視界は歪んでた覚えもあります。
 ベンチレーションも付いていますがあんまり効果がなかったような・・・
 しかも高くて重かったですねぇ。
 それでも外観が好きで長い間使ってました。
 
3.SHOEI X8-V DULE
 
 右下の白ベースに赤のカラーリング。
 なぜAraiじゃないかと言うと、当時はSHOEIのシールドが気に入っていたから。
 Araiは無段階に開閉しますが、SHOEIはカチカチという段階で開閉するのが良かった。
 と言うのは、昔友人が被っていたAraiは、シールドがヘタってくると、
 エンブレで減速時に上げていたシールドが勝手に下りてくるとかイヤだったなんて理由でした。
 
 
 そうそう、当時のカタログが手元にありました。

4.Arai MX-2
 
 (写真はたぶん、MX-3かも?)
 DT125Rに乗り換えたときに購入。
 ほぼ通勤オンリーで、一度もオフロード走行せず。
 なんちゃってオフローダーしてました。
 今思えばもったいないことしました。
 
5.Arai Profile

 
 初めてのAraiフルフェイス。
 ビッグバイクでリターンするにあたって、周りにAraiが多かった。
 試しに被ってみたら良かったので即決しました。
 ただ、RX-7系は高くて買えませんでした。
 2010年には生産終了して、たったの4年程しか製造されなかったのは寂しい。。
 
6.SHOEI XR-1100
 

 性能的にはX-12、デザイン的にはXR-1100。
 出来れば最高峰のX-12が欲しいとも思ったけど、高価すぎるし、
 謳われているエアロ性能もサーキットでしか出せない速度域でしか発揮出来ないのなら
 宝の持ち腐れなので、XR-1100にしました。

|

« TRIUMPH Tiger1050ミーティング開催予定 | トップページ | キライになるのは一瞬なのね・・・(追記有り) »

(10)バイク用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4353/64186201

この記事へのトラックバック一覧です: 過去のヘルメットたち:

« TRIUMPH Tiger1050ミーティング開催予定 | トップページ | キライになるのは一瞬なのね・・・(追記有り) »