« 胸部プロテクター新調 | トップページ | クラッチワイヤーに注油しました »

2012年2月18日 (土)

クラッチワイヤーへの注油って・・・

今日の名古屋は天気は良かったんですが、風が強くて寒かった。。
予報を見たら明日の最低気温は-3℃ですって。(+_+)

来週のツーリングに向けて、青タイガーのバッテリー補充電を完了。
新ウェアの実践を兼ねてちょいと走ろうかと思ったんですが、寒さに負けて終了。。



今回はクラッチワイヤーへの注油について。
前車CB1300SBは油圧クラッチでしたが、青タイガーはワイヤー式。



CB1300SBと青タイガーではクラッチの重さ自体は変わらない気がするのですが、青タイガーになってから長い間乗ってると左手の疲労を感じることが出てきました。
単に握力が低下してることもあるんでしょうが。。

せめてワイヤーメンテでもしようと思いました。
メンテと言っても、クラッチワイヤーへの注油ぐらいなんですが、ワイヤーグリスを持っていません。
他に使う用途もないので、わざわざ買うのも何だし、手持ちのケミカルで代用しようと思いました。
そこでふと疑問が。。
手持ちのケミカルだと、ラスペネが良いかなぁと思ったのですが。。。

クラッチワイヤーは金属製ですが、ワイヤーホースはゴムですよね。
ってことは、ゴムを侵すようなケミカルはダメって事ですよね?

なので、556とか、ラスペネとかは良くないんじゃないかと思ったわけです。

ググって見ると、色んな意見がありました。
 ・専用のワイヤーグリスじゃないとダメ!
 ・556で十分!
 ・556は浸透性は高いが、粘度が低くてすぐに効果が無くなる。
 などなど。。

そこでみなさんってクラッチワイヤーなどへの注油は何を使ってるんでしょうか?


|

« 胸部プロテクター新調 | トップページ | クラッチワイヤーに注油しました »

(01)青タイガー(TRIUMPH TIGER 1050 ABS)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4353/64186320

この記事へのトラックバック一覧です: クラッチワイヤーへの注油って・・・:

« 胸部プロテクター新調 | トップページ | クラッチワイヤーに注油しました »