« 浜松餃子とHYODと | トップページ | クシタニ カントリージーンズにD3Oプロテクション »

2012年3月10日 (土)

クシタニ カントリージーンズ


遂にクシタニのカントリージーンズを入手してしまいました。
クシタニストのバイク仲間が以前から履いており、絶賛の一品。
いかにもバイク用、なレザーパンツと違ってバイクを降りても全く違和感の無いジーンズスタイル。
そんな一見デニム風でありながらも牛革レザーなジーンズです。
普段履きにしてる人も結構多いようです。



実際に履いている人たちの記事を見ると、
とっても高価であるため、購入するまではかなり悩むそうですが、
試着してバイクに跨ると一気に購入まで行っちゃうそうです。

それにレザーなのに、家庭の洗濯機で丸洗いできる。
また、クシタニはアフターメンテに定評がありますね。
修理やサイズ直しは当然として、退色したら染め直しができる。
など、なが~く使えて長い目で見ればコストパフォーマンスが良いとの話もある。

でもねぇ~、RSタイチやHYODなどのプロテクション付きレザーパンツよりも高いとくればなかなか手が出ません。
となれば中古に手を出すのは必然ですね?
#そういう貧乏な人はクシタニに手を出すなと、クシタニストに言われそうです。(苦笑)

サイズなんですが、クシタニは「メタボお断り」なようで、スリム体系を基本としてます。
#購入した後にクシタニの店舗で色々試着させてもらいましたが、グローブ、ジャケット、パンツ共に同印象でした。
なので、普段履いているジーンズより1サイズ上をヤフオクで落札。
しかし・・・履いてみると、ボタンは留められたけどキツイ。
ツーリング先でおいしいモノを食べたらもうたいへんな事態になりそう。
しかも裾上げをしてなかったようで裾が長い!(新品時は85cmらしくそのまんま)
ライディング用だからと言っても短足の私には長すぎました。

やせるのは難しいし、裾上げもそれなりに費用が掛かる。
それにこれは初代モデルだった。
現行の2代目との違いは、
「膝パッドを入れられるよう、インナーが改良されている」
であるため、プロテクション強化するには更に投資が必要に。

ということで再度オク行きに。
スリムで足の長い人の元に旅立ちました。



更にウォッチすること数週間。
サイズ良し、程度良し、価格良し、な品をゲットしました。

ショートツーリングや街乗りにはカントリージーンズの出番かな。

|

« 浜松餃子とHYODと | トップページ | クシタニ カントリージーンズにD3Oプロテクション »

(10)バイク用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4353/64186313

この記事へのトラックバック一覧です: クシタニ カントリージーンズ:

« 浜松餃子とHYODと | トップページ | クシタニ カントリージーンズにD3Oプロテクション »