« 2012 GW 信州ツーリング その1 | トップページ | 2012 GW 信州ツーリング その3 »

2012年5月 9日 (水)

2012 GW 信州ツーリング その2


2012 GW 信州ツーリング その2です。

※その1はこちら

【14:30 国立天文台 野辺山電波観測所】
ここに来て結構な雨が降ってきました。
天気さえ良ければ八ヶ岳も見えたろうに。。

見学ルートを進み、ミリ波干渉計やパラボラアンテナを過ぎると、


45m電波望遠鏡が見えてきました。


直径45mってやはり大きいですね。
人との対比で何となくわかるでしょうか?


裏側から見てみる、の図。


45m電波望遠鏡の裏にある観測塔に入りました。
宇宙や電波天文学についてのパネルが飾ってあったり、


3択(?)クイズなんかがありました。
不正解だと結構ヘコむ効果音が鳴ってました。(^_^;

パネル展示の反対側で、このパソコンクイズの奥には、
ガラス越しに研究室が見えてます。


何やら古めかしい機械があります。
「82年の完成時から04年5月までおよそ22年間にわたって
 この観測室で使用されていた45m電波望遠鏡の操作卓です。
 ・・・中略・・・
 新制御装置の導入に伴い引退しました。」
とあります。

機械をよ~くみたら、

へぇ~、三菱電機製なんですねぇ。


観測塔を出て見学コースを折り返していくと、小さなアンテナが多数見えてきました。
おおっ、なんだか光子力研究所にバリヤーとか張ってくれそうじゃないですか?
#そんなことない?


電波ヘリオグラフ、と言うらしいです。
「太陽専門の電波望遠鏡です。
 84台のアンテナを使い、直径500mの電波望遠鏡に相当する解像力を実現しています。
 太陽表面の活動のタイムスケールは1秒以下のものから10年以上にわたるものまでさまざまですが、最大で毎秒20枚の画像を得ることができる性能を活かし、ビデオカメラのように太陽の活動をモニターしています。」だそうです。


整然と並んでいて、なぜだかワクワクしてました。

この国立天文台 野辺山では、終始雨が降っていて、傘も持たずに45分ぐらい見て回ってました。

その3に続く。

|

« 2012 GW 信州ツーリング その1 | トップページ | 2012 GW 信州ツーリング その3 »

(24)ツーリング2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4353/64186305

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 GW 信州ツーリング その2:

« 2012 GW 信州ツーリング その1 | トップページ | 2012 GW 信州ツーリング その3 »