« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月27日 (日)

ハイパーストラーダで三重県 道の駅スタンプラリーツーリング

2014年4月27日(日)
ハイパーストラーダで道の駅スタンプラリーツーリングに行ってきました。

今年のGWは11連休。
ハイパーストラーダに乗り換えたばかりの私に乗れと言わんばかりの連休。

連休に入る前に予定を確認してみると。
幸か不幸か、子供たちは学校や部活でほぼ予定は埋まっている。
5月3~5日は久々2泊3日の泊まりツーリング決定
しかも結構な距離を走るらしい。
ハイパーストラーダの走行距離はまだ558kmで慣らしが終わっていない。
ってことはそれまでに慣らしを終えてないと付いていけないじゃないか!
5月3日までは日数もあるから、あと500kmぐらい走りに行けるよね。
って天気を見たら雨マークが結構ある。
しかもETC割引がショボくなってきてる。
というわけで、この日に行くことにしました。




目的はもう何年も前から行きたい行きたいって言ってて行ってない、
中部道の駅スタンプラリーの三重道の駅(残り5つ)です。



渋滞はホント嫌いなので、早く出発して、早く帰ってくることにしました。
5時に自宅を出発。
これなら一番最初の道の駅「紀宝町ウミガメ公園」のオープンにちょうど着ける計算。
東名阪自動車道~伊勢自動車道~紀勢自動車道をノンストップで走り、
あとはR42をひたすら走るだけ。
と思ってたし、ツーリングマップルはこの辺関西エリアになるので持ってないし、
まだナビが付けてないので、地図無しナビ無しでした。
まぁスマフォがあるから、何とでもなるんですけどね。

紀勢自動車道が延長されてアクセスが良くなりましたね。
途中の高架では気温7度で寒かったリ、濃霧で視界50mぐらいになって怖かった。
そうそう、帰ってきてからこの記事書いてて気がついたけど、
熊野尾鷲道路って無料区間だったんですね・・・
道理で熊野街道はクルマ少なかったんだ・・・
でも、あのクネクネ道は楽しかったです。
センタースタンド擦りまくりでしたけど。
#ハイパーストラーダってハイパーモタードのサスストロークを短くして、
 更にセンタースタンドを付けてるのでタイヤの端を使う前に、
 センタースタンドを擦っちゃうのは結構有名な話らしい。



8時過ぎ、道の駅「紀宝町ウミガメ公園」に到着。
ここまでガソリンスタンドとコンビニに寄ったけど、
走るのが楽しくて全然写真無し。



8時50分、道の駅「パーク七里御浜」に到着。
9時オープンでしばらく待たされました。
この時点で気温は20度ぐらいで暑く、朝晩と昼の寒暖差が激しい。



9時30分、道の駅「熊野きのくに」に到着
天気も良いし、熊野街道のクネクネは快走できたし、
ハイパーストラーダは乗り易くて、ホント気持ち良いなぁ。



10時、道の駅「海山」に到着
スタンプ押してすぐに出発



10時50分、道の駅「紀伊長島マンボウ」に到着。
何やらイベントが催されていたようで混雑していました。
ここで最後のスタンプを押して、中部道の駅スタンプラリーのコンプリート
全119駅(長野県13+岐阜県54+静岡県22+愛知県15+三重県15)
いやぁ、長かった。
CB1300SBでリターンしてからだからもう6年ぐらい?
今日の三重方面はずっと放ったらかしでした。。



で、ここに来たらマンボウを喰らわずには帰れません。
マンボウの串焼き(¥350)を購入。


見た目は鳥肉っぽいけど、結構筋張ってて堅めでした。
美味い、とは言えないので、リピートは無しの方向で。

結構満足しちゃったので帰ることに。
高速に乗って、12時に安濃SAでお昼ごはんとガソリン給油。

本日のお昼ごはんは、横丁ラーメン朝熊(あさま)の冷やしラーメン。
冷たく締まった麺と塩味が効いた豚肉が美味しかった。
大内山ミルクラーメンもすごく気になったけど我慢しました。

安濃SAを出て、渋滞も一切無く走行。
長島温泉あたりで1000kmを突破しましたが、走行中のため写真撮れず。



このままバイク屋に寄って、オイル交換してきました。
これで、慣らしの第一段階終了!
Max5000rpmの封印が解き放たれた!
Max7000rpmまで回せるし、泊まりツーリングが楽しみ~。

本日の走行距離:485.2km
満タン法による燃費:23.6km/L
メーターによる燃費:27.2km/L(ずいぶん差があるなぁ)
平均速度:78km/h
走行時間:6時間30分
総走行距離:1042km


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

ハイパーストラーダにフロントアクスルスライダー装着

ハイパーストラーダにフロントアクスルスライダーを装着しました。

青タイガーの頃から付けたいなぁと思いつつ付けなかったのですが、
先日お会いしたストリートファイターのledさんの実体験談を聞いて付けることにしました。
#どんな話かって言うと・・付けてて良かった。。と言うことで。(^_^;

ちなみにリヤアクスルは右側はマフラーが接地しちゃうだろうし、
左側もパニアかトップケースが先に接地しちゃうかなぁと思って見送り。

スライダーの選択肢は以下の3つ。

R&Gのがダントツに安かったのですが、納期未定で入手しにくかったので断念。
フレームスライダーに合わせてAELLAを考えましたが、
フレームスライダー装着時のトラブルを引きずっており避けることに。
残るはVORGUEですが、適合車種がイマイチわからない。
ホームページで問い合わせすると、翌日には適合の回答を頂けたので結局VORGUEのを注文。
DUCATIパーツを扱ってて、メディアなんかにも載ってたので信頼できそうと思ったんです。

でも、届いてみたらパッケージは綺麗だけど、説明書は一切無し。
構造上、差し込んで、両側から締め込むだけなのは分かりますが締付けトルクは?
またまたホームページから問い合わせたら、詳細に教えていただきましたが、
いちいち問い合わせる必要が無いよう、製品に添付して欲しかったです。


DUCATIは大体そうらしいのですが、アクスルシャフトは空洞になってます。


アクスルスライダーはこんな感じで届きました。


スライダー本体はこの様に、シャフトの両側に樹脂製スライダーが付いてるだけ。
これだけで高額なのはちょっと。。。


アクスルシャフトの両側は形状が違うので、スライダーにも左右があります。
こちらは右側。


こちらは左側。


両側から六角レンチで締め込んで装着完了。


誰かさんのように、バイクを倒してみて検証とかできないので、
メジャーを当てて設置角度のシミュレーションをしてみました。
それなりに角度が付きましたので、フロントフォークやキャリパーへのダメージは軽減されるかも・・・?

とは言っても、スライダーは綺麗なまま乗り続けたいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

ハイパーストラーダにGiviフィッティング装着

昨日届いた、ハイパーストラーダ専用Giviフィッティングを装着しました。


グラブバー4箇所にあるネジ穴のめくら蓋を外します。


リアフェンダー裏の純正サイドパニアステーに、フィッティング用のステーを共締め。



裏から見るとこんな感じ。


最後にトップケースを載せるベースをグラブバーとステーにネジ止めするだけで完成。
と、簡単に書きましたが、ちょっと問題が有りました。
このベースのネジ穴とグラブバーのネジ穴が合わず、
ベース側の穴を無理やり広げて何とか装着できました。


装着後はこの様に・・・ハイパーストラーダのスタイルが台無し。(>_<)
いや、最初からわかってたんですが、目の当たりにするとガックリです。
せめてブラックにでもしてくれれば良かったのに~。


手持ちのGivi E52トップケースを装着してみると、これまたバランス悪くなる一方。。


不格好過ぎません?

そして、最大の心配は・・



最大積載量は6kgとあります。
E52ってトップケース、本体だけで5.0kgあるんで・・・
荷物は1kg以内になりますが、見た目を犠牲にしたのに、
実用性まで犠牲になるなんてトンデモナイ。。

でも、、Giviのモノキーって、これより小さいのとなると全然選択肢が無い。。
46Lとか47Lではあまり変わらないし、
33Lではちょっと容量が少ない。

それ以前に、トップケース増えるのはどうかと思うし、コレ以上の投資は厳しいなぁ。
とりあえず荷物を詰め過ぎないようにして様子見するしか無いかなぁ。。

イメージ 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

ハイパーストラーダ用Giviフィッティング購入(価格追加)

はぁ~、やっと1週間が終わりました。
今週は仕事が忙しいわ、上手く回せないわで、精神的に凹むわ、肉体的にも疲れました。

そんな私へのご褒美か、イタリアの業者から購入した
ハイパーストラーダ用のGiviモノキー用フィッティングが届きました。



荷姿はこんな感じで、EMS便で到着。
関税などの余分な費用は請求無しでした。


商品名は
「SRA7403 SPECCIFIC HOLDER for DUCATI HYPERSTRADA 821 (2013)」です。
日本国内では取り扱いは無いので仕方なく海外から購入しました。

4/09 eBayで注文
4/14 SPEED.WEB(出品者)から発送
4/15 Vicenzaを経由(どこ?)
4/16 Milanoを経由
4/18 Nagoyaに到着

イタリアから9日間で届いたのならそこそこ早いと言えるのではないでしょうか。
#バイク屋で見積もりしたら、納期3~4ヶ月って言われて待てませんでした。



中身はこんな感じ。
色は黒が良かったけど、シルバー色一択みたい。



今回も何故か書類がたくさん同封されてました。
よく見たら3種類なんですが、合計で13枚。
なんでだろうなぁ~。

<2014-04-19追記>
合計金額を晒せとのお告げがありましたので、晒してみます。
商品: 96.90ユーロ
送料: 59.00ユーロ
==================
合計:155.90ユーロ
  →22,895円
となりました。

バイク屋で見積もりしたら、約27,000円かつ納期3~4ヶ月
と言われたので、結果オーライでした。


イメージ 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアから

イタリアから荷物が発送されたらしい。
ミラノを通過した?
イタリア語はさっぱりなので、chrome翻訳だけが頼りですよ。


イメージ 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

ハイパーストラーダの「÷」って?

今日も天気は良かったけど、花粉も飛んでるのか、
目はショボショボ、頭は重いし、鼻詰まり。
そして仕事を上手く回せないというツライ一日でした。。



さて、先日ハイパーストラーダを上から下まで見てくれた、



「DOT3÷5」って何?って話ですが、ふと取説を見てたらこんな図がありました。



「運転のしかた」という章で、慣らしの距離と回転数についての説明です。
図120に、「0÷1000km」「1000÷2500km」って記述が。
日本語の説明では「0~1000km」「1000~2500kmまで」
とありますが、図はイタリア語やフランス語版でも同じでした。

ということは「÷」=「~」と言う意味で、
ブレーキフルードは「DOT3~DOT5」を使ってね?
って言うことじゃないですかねぇ。。。

真相知ってる方、、教えてください。。

イメージ 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

ハイパーストラーダで飛騨牛バーガーツーリング

2014年4月12日(土)
ハイパーストラーダで初めてロングツーリングに行ってきました。

私のハイパーストラーダのお披露目&グルメツーリングをkobaさんが企画してくれました。



ルートはこんな感じ。
集合場所は岐阜県R156沿いの大滝苑ドライブインに9時。
Googleマップだと、東海北陸自動車道経由で85.5 km、1 時間 15 分。
1時間半あれば余裕じゃん、7時30分に出発することにしました。



気温は7度、結構寒いし、高山方面の気温は最高16度ぐらい。
上はクシタニのゴアテックスオールウェザージャケット+ダウンインナー
下はクシタニのゴアテックスオールウェザーパンツという真冬に近い装備。

そういえばハイパーストラーダのETCは初稼働。
心配なのでETC&一般レーンに侵入しますが、問題なく通過。(当たり前か)

でもちょっと時間計算に誤算が。
慣らし中は5000rpmをリミットにしてますので、速度が出せません。
ずっと走行車線でまったりを強いられ、
結局集合場所には9時ちょうど到着となってしまいました。

到着は3番手で、続々と他のメンバーも集まり、
ハイパーストラーダをあーだこーだとイジってもらいました。






と、そこに現れたのが昨年バイクを降りることになってしまったTさん。
今日の予定を聞いてわざわざクルマでハイパーストラーダを見に来てくれました。
諸事情でバイクにはもう乗れない状況らしいですが、やっぱりバイク大好きなんですね。



せせらぎ街道を快走して五平餅屋さんで休憩してたら、とある情報が。
数名が寒さに我慢できず、直前の道の駅に入ったところ、
釣り人に「この前でネズミやっとるで」と聞いてきたそうな。

案の定、途中から白バイに追尾されたり、大規模なサイン会場が開催されてました。
幸い、クルマに阻まれて安全運転でしたので事なきを得ました。
Tさんはこの辺でお別れ。お付き合いありがとうございました。



R361から高山市内に入り、目的地のハンバーガー屋に到着。
ちなみに上の写真は食べ終わった後に撮ったもので、
隣のお店の「飛騨牛すき焼き定食もイイねぇ」なんて話しているところです。

早速お店に入ってメニューを見ると、、、



目的の飛騨牛バーガーの値段を見てびっくり。
うぇっ?2300円とは想像以上でした。



もちろんハンバーガーは他にも色々とありました。
隣の超山岳案内人さんと「ベーコンチーズバーガーとかで・・」
などと弱気モードを出していましたが、
周りの「ここまで来て飛騨牛バーガー以外は無しでしょう」
的な雰因気に呑まれて結局全員飛騨牛バーガーを注文。



コレが飛騨牛バーガー(2300円也)
なかなかのボリュームだし、ハンバーグっぽいのを想像してたけど肉々しいミート、
値段が脳裏をチラついてるバイアスが掛かってかも知れませんが美味しかったです。

ここで超山岳案内人さんともお別れし、R361~道の駅「飛騨たかね工房」で休憩し、開田高原アイスクリーム工房に向かいます。
道は狭いですが適度なワインディングで楽しかったです。
この間でkobaさんが後追いで動画を撮影してくれたので楽しみです。


14時に開田高原アイスクリーム工房に到着。


4月限定のいちごヨーグルトパフェが気になりますが、
ここは定番のとうもろこしソフト。
コレでノルマのデザート完食。


R361~R19~道の駅「木曽福島」でおみやげを購入して、
またハイパーストラーダをイジってもらいつつ休憩。

最後に道の駅「賤母」で休憩し、R19を南下して中津川ICから中央自動車道に乗って、流れ解散。
kobaさんとさすらいのSさんは加速していきますが、
慣らし中のハイパーストラーダはあっという間に置いて行かれました。
終始てんぷらーさんと走行車線をクルマに挟まれてました。


無事、18時に帰宅しました。

本日の走行距離:380.2km
燃費:24.12km/L

おお、意外と高燃費。
排気量が821ccだし、慣らし中でおとなしく走ったせいかわかりませんが。。

そうそう、燃費で思い出しました。
長野県木曽郡大桑のR19で給油したんですが、あの辺りガソリンが高い!!
出発前に名古屋で入れた時には、ハイオク165円なんですが、
長野は188円と、20円以上も高い。
こんなに差があるもんなんですねぇ、やっぱり輸送費が反映されちゃってるから?

早く第一段階の慣らし(~1000km)を終えて、
第二段階(~2500km)に入らねば。
だって・・回転数縛りがあると気になってメーターに目が行っちゃうし、
走りが楽しめないですからねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミツバサンコーワ 二輪車用ETC新発売記念キャンペーン当選

新発売記念キャンペーンってのをやってまして、
当然応募したところ、当選しましたー。


商品は以下のラインナップです。
[特賞]JTB旅行券 5万円分(2名様)
[1等]JTB旅行券 3万円分(5名様)
[2等]SHARP 加湿空気清浄器 (8名様)
[3等]PHILIPS ノンフライヤー(10名様)
[4等]MITSUBA バイスガードⅡ(25名様)
[5等]ENEOSプリカ 3,000円分(50名様)

・・・と言っても、当選したのは5等のENEOSプリカでした。(^_^;
ノンフライヤーは要らないけど、やっぱり特等とか1等が欲しかったなぁ。。

ハイパーストラーダネタじゃないような気がするけどまぁいいか。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

初eBay

ハイパーストラーダ用のパーツ、eBayで初めて注文しちゃった。(^_^)
青タイガーでも何度かイギリスから購入したけど、
今度はイタリアだからなぁ、ちゃんと届くまでドキドキです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

ハイパーストラーダのトップケース装着構想

ハイパーストラーダに乗り換えてから、ちゃんとしたツーリングに行けてません。
「盆栽ばっかりしやがって、いつ乗るんだよ!?」
って声が聞こえてきそうです。(^_^;

そのツーリングに欲しいのはトップケースやパニアです。
カッパや着替え、ツーリング先で買ったおみやげを持って帰るために、
個人的には必要不可欠な装備です。


ハイパーストラーダには標準装備でパニアケースが付いているのですが、
セミハードケースであり防水性が無いのです。
軽量は魅力的ですが、防水性が欲しいですし、日帰りツーリングでは持て余します。

そこで今まで同様にトップケースを付けたいのですが、
DUCATI純正はセミハードケースでかなり高価(確か7~8万円)なので社外品を探しましたが、ハイパーストラーダ用は国内で販売されていませんでした。

DUCATIディーラーの方のブログでムルティストラーダのが装着できるってんで、
GiviのSR312が候補に挙がりました。



これなら国内でも販売されていますが、
取説を見てみると、リアフェンダー下から補強のためステーが付いています。
これはハイパーストラーダには付かないから、
「C」のトップケースホルダーだけ使えば良いかと思っていましたが強度的にヤバイはず。

超山岳案内人さんからの情報で、Givi本国ではハイパーストラーダ専用品があるとのこと。
早速取説を見てみると・・・




おおっ、②のステーがイマイチですが、やはりコレがないと強度が不安です。
その不安を証明する記事を見つけました。


写真からすると、ムルティストラーダ用のSR312をステー無しで装着。
GiviのV46という大きなトップケースを使っていたようですが・・・



気がついたら、グラブバーにヒビが入っちゃったそうです。(+_+)

こんなんなっちゃったら目も当てられない。。
SRA7403を購入したく、バイク屋に見積もりしてもらっていますが、
eBayでも見つけたので、費用次第でどちらかから購入予定です。
#ちょっとぐらい高いだけなら、面倒だからバイク屋で頼みたいなぁ。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

ハイパーストラーダにリムストライプ貼り付け

ハイパーストラーダにリムストライプを貼り付けました。



霧吹きと脱脂剤を用意。


今回は綺麗に貼れると言う、貼付ゲージも同時購入。

こんな感じで、素早く曲がらず貼れるらしいのですが・・・
ハイパーストラーダには合わず、使い物になりませんでした。
ホイール側のリム幅が短いので、ゲージを当ててもうまい具合の位置に合わないし、
固定できないのでゲージを使っても曲がる始末。
#それとも自分が不器用なだけだろうか・・・?
結局今までどおり、フリーハンドで貼り付けました。


貼り付けた結果はコチラ。
これだったら普通の赤でも良かったかなぁ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

ハイパーストラーダにラジエタープロテクター装着

今週は月曜から風邪をひき、花粉症と相まってイマイチな週でした。。
この時期、暖かくなるのは良いんですが、花粉だけ何とかならないかなぁ。。



ちょっと日をさかのぼりますが、ハイパーストラーダが納車された日に、
ラジエタープロテクター(コアガード)を装着しました。

フロントタイヤの跳ね石や昆虫なんかでラジエターフィンが潰れたりすると、
冷却効果が低下してしまう事態を防ぐためです。
・・と言いつつも、今まで実際に大きく潰れたりしたことは無いので、
ドレスアップ要素の割合が大きいかな。


パーツ選択は簡単というか選択肢が少なくて消去法。
#他にも有ったかもしれないけど、ポイントを使えるサイトでの扱いが少ない。
結局フレームスライダーに合わせてAELLA(アエラ)を注文してました。


アミ目が中央部とサイドで形状が違うんだそうで、メーカー説明によると、
「無段階ウェーブパターン(アエラ独自)は健在。
 冷却効果とプロテクト効果の両立を考え、前輪の巻き上げが多い中央部分には
 プロテクト効果の高い細かいアミ目を、両サイドの走行風が良くあたる部分は、
 冷却効果を損なわないよう粗目のアミ目を無段階に配置。
 表面には細かなキズが目立たないようヘアライン処理を施しています。」
だそうです。

で、肝心な装着ですが、結構大変でした。


なにが大変かっていうと、プロテクターの周りに5箇所、コの字型の金具があり、
この金具でラジエターを挟んで固定するのですが、ネジとナットがめちゃ小さい。


ネジは六角で締めるんですが、手持ちの1.5とかいう最小を初めて使いました。
ナットもすごく小さく、合う工具が無かったのでラジオペンチ使いました。
#その後、ラジコン組み立て用の工具が使えると教えてもらいました。。

小さいネジに苦戦しながらも何とか装着。


装着前はコチラで、


装着後はこんな感じ。

正に自己満足なパーツですが、それにしても高い。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »