« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月27日 (火)

ハイパーストラーダで伊賀豚丼ツーリング

2014年5月24日(土)
ハイパーストラーダで伊賀豚丼ツーリングに行ってきました。


"

ルートとしては、鈴鹿スカイラインで走りを楽しんで、
豚丼を食べて、デザートを食べてくる。
という予定だったのですが、なんと5月22日に法面崩落で通行止めに。。



仕方なく、鈴鹿スカイラインはキャンセルしてR421から行くルートに変更。



写真は滋賀県側からの絵ですが、このブロックの先、三重県側は急勾配が怖かったなぁ。。
でももう今は通行できないようですね。
#好き好んで行きたくは無いけど。。



桑名ICを降りてすぐのミニストップに8:30集合でしたが、8:00に到着。
まだ誰も到着していませんでした。
この時点ですでに気温は20度ありましたね。



しばらくして皆さん到着。
本日の参加メンバーは、手前から私、
oyakataさん:HONDA CB1300SF

しばらくダベって、9時ちょっと前に出発です。
R421を西に走り、石榑トンネルを通過。
長くて真っ暗なトンネル。
外は暑かったけど、トンネル内は寒いぐらいでした。
永源寺ダムあたりで休憩しようと思ったけど適当な場所が無くて走り抜けちゃいました。



R421を抜けて、r508に入り、日野東武広域農道に入ったところで小休止。
広域農道、道は悪くないし、クルマも少なくて快走できました。
このまま南下し、ブルーメの丘を横切り、道の駅あやままで走り抜けちゃいました。
道の駅あやま、写真すら撮ってません。。



本日のメインである「楽豚」に到着。



開店は11:30からですが、開店前に着いちゃいました。
でもすでに数名が並んでました。



本日のお昼ごはん、炭焼き豚丼(並:780円)です。
豚肉が薄くて少ない気がしましたが、美味しかったです。
#でも、ものすご~く美味しい、というわけではなかった気がするので、
#他の方には肩透かしさせちゃったかなぁ・・・・

豚丼の後は、デザート。
欣榮堂(きんえいどう)でスイーツを食べることに。
このお店、適当にググって行ってみたのですが、個人的に大当たり。
色んな種類の和菓子や洋菓子が有っておみやげに色々買ってしまいました。
さらに店内で休憩できて、お茶やコーヒーが無料で頂けたので、
この先のルートをゆっくりと検討させてもらいました。

帰りに青山高原の風力発電施設を見に行く話も出ましたが、
ちょっと遠回りになるので、R162(伊賀街道)~r42経由で、
安濃ダムに行こうということに。




しかし、ツイてない時は重なりますね。
R162からr42に入った途端、通行止め。(>_<)
結局R162に戻り、津に向かいました。



最後に、かき氷でちょっとだけ有名な「和洋喫茶 レモンの木」に寄ります。
しかし、コジャレたお店で、女性ばかりだし、
店内が混んでいて遅くなっちゃうので写真だけ撮って退散しました。

津ICから伊勢自動車道に乗り、亀山ハイウェイオアシスで最後の休憩を取り、
流れ解散となりました。

振り返ってみると・・・グダグダなツーリングで幹事としては申し訳無かったなぁと。。

本日の走行距離:298.2km
平均燃費:22.34km/L

※帰りの高速では、慣らしが完了したので回しすぎたようです。。


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

ハイパーストラーダ、エンジン(クラッチカバー)の塗装がはげるのは普通?




先日洗車してて気が付いた。
クラッチカバー縁に白っぽいものが見えた。
良く見ると、黒い塗装がはげてて、地が見えてる。



何でだろう?と考えたらブーツしか有り得ない。
でも、接触する部分には金属製のものはない。
バイク屋に聞いてみると、このハイパーストラーダのように
クラッチカバーとステップが近い車種だと、
塗装がはげるのは普通だと言われた。
位置的に接触するのは判るけど、
2500kmぐらいの走行、ブーツはふつうの革製で
簡単に塗装ってはがれちゃうのが納得いかない。

こんな事を気にするのは、気にしすぎでしょうか?
皆さんどう思います?


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

ハイパーストラーダの初回点検とプチカスタム

ハイパーストラーダを初回点検に出してきました。

2014年3月21日に納車されてから約2ヶ月、走行距離2489km。
通常、初回点検は1ヶ月、または、1000kmですが、
DUCATIは各種メンテナンスを行う際に、
DSS ( DUCATI DIAGNOSIS SYSTEM )が必要となります。
しかし、私が購入したバイク屋はいわゆるDUCATIディーラーでは無いため、
本部で保有しているDSSの予約が必要。

DSSの予約が間に合わなかったので、初回点検できなかったのです。

そして、ようやくDSSの順番が回ってきたので初回点検をしてもらいました。



オイル交換マークはメーター内から消えましたが、
キーON直後の瞬間だけ、上の次回オイル交換タイミングが表示されます。
それより前にオイル交換はしますけどね。。

DUCATIと言えばLツイン。
Lツインと言えばタイミングベルトが重要な部分ですよね。
バイク屋に初回点検に出す前に、DUCATIディーラーの初回点検メニューを調べました。
やはりタイミングベルトの点検・調整が項目にありましたが、
バイク屋で聞いてみると項目に無いし、DSSはあるがやり方がわからないとのこと。
結局、タイミングベルトの点検方法を調査・確認の上、
DSSの予約(大体3週間後ぐらい)が出来次第やってもらうことになりました。
#こういうところが正規ディーラーとの差なんでしょうね。。
#でも正規ディーラーだと付き合い方とか色々とねぇ・・・



続いてはカスタムの話。
青タイガー、ハイパーストラーダと使い回してきましたが・・・
・大容量52Lはコンパクトなハイパーストラーダには大き過ぎる。
GWのツーリングでフロントのリフトアップを感じた(気がする)。

いっそのこと、軽いシートバッグをGiviフィッティングに付けようか?
とも思いましたが重さ以外はハードケースの方が全ての面でメリットがあるため、
色々悩んだ末、小さなトップケースを買い増しすることに。



結局購入したのは、Givi モノキーケース B33 ブラック無塗装です。
Giviにはモノロックとモノキーの2種類のケースがありますが、
車種専用フィッティングがあるのはモノキーのみ。
そのモノキーのラインナップって・・・
最大は55Lから始まり、52L→50L→47L→46L→33L、
と選択肢が少ないんですよね。


形状的にはこのV47が気に入ったんですが、本体重量4.4kgと重い。


結局軽さを取って、3.2kgの33Lにしました。
軽い!確かに軽いし、コンパクトなんですが・・・
まんまると言うか球体に近いお団子みたいな形状。
ハイパーストラーダのカッコ良さが台無しです。



続いては、タンク下サイドカバーのカーボン化です。



赤いカウルとパイプフレームの間の三角形のパーツです。
つや消しブラックのパーツだったのですが、カーボン化でちょっと引き締まりました。
またまた無駄遣いしてっ!と言われそうですが・・・




実際にはカーボンルックシートを貼り付けただけ。。
サイドカバー片方に付き、30cm×9cmぐらいのシートを使用。
平坦な部分はまぁまぁ上手くいきましたが、尖った部分は全然ダメ。
もともと器用じゃないし、ドライヤーとかで温めても上手く行きませんでした。
どうやったら曲面が上手く貼れるんでしょうか・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

ハイパーストラーダで中国地方ツーリング その5


5月5日、最終日の3日目。
前夜から降っていた雨は予報通り止んでませんでした。
雨雲と並走かどうか、と言う状況なのでカッパ装備して出発。


大和ミュージアムに到着すると結構な混雑状況。
しばらく並んで入場しました。
入場料は¥500ですが、特別展示が有るというので+¥300の券を購入。



入場するといきなり1/10スケールの大和。




艦橋


46cm主砲



いやぁ、細かいところまで良く出来ています。





零戦や潜水艦スケールモデルなども展示されており、凄くテンションが上がりましたが・・・



戦艦=戦争の道具と言う大事なことを認識させられる展示が続きます。



大和の乗組員。
沈没時に戦死されたり、生き延びた方々。



こんな物が大量に生産され、死んでいった人たちが居たと思うと絶句してしまう。
・・・いかん、書きながら思い出してちょっとウルってしまう。。



そして、原爆投下・・・
小学生の頃、はだしのゲンを読んだときは衝撃だったなぁ。。



期間限定の特別展示がこれ。
第一艦橋 実物大の部分再現模型。
窓の部分はモニタになっていて、敵艦を補足~主砲発射までの映像が流れていた。



屋上に出ると、あきしおが一望。
1日中居たいぐらいの展示内容だったが、名古屋まで帰らないと行けないので、
泣く泣く撤収。



最後に、海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」に行きました。
残念ながら館内は撮影禁止。
潜水艦の歴史や機雷、無人対潜機などの展示、あきしお内部の見学。
海上自衛隊OBの方が説明してくれるのですが、
混んでるし時間がないので余り聞けなかったのが残念。

午後1時には出発して高速で一路名古屋に。
雨を覚悟していたけど、それほど降られずに走行してたけど、
京都ぐらい?から降られて、暗くなってくるわ、
ハイパーストラーダのヘッドライトは暗いわ、
高速上は渋滞や事故やらでかなり神経を使って走行。

SAはどこも渋滞なので、軽く外で食べて帰宅。
疲れたけど、今回は充実したツーリングを満喫できて大満足でした。

3日間の走行距離:1442.2km
満タン法による燃費:24.1km/L
メーターによる燃費:28.2km/L
平均速度:68km/h
走行時間:22時間13分
総走行距離:2482km


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

ハイパーストラーダで中国地方ツーリング その4

ハイパーストラーダで中国地方ツーリング その3からの続きです。

すごく中途半端な区切り方で進んでますが、ほとんど見られていないようなので、
備忘録的に残しておきますか。

2泊目の宿は早めにチェックインしてほしいと言われていたので、
名残惜しいのですが、5時には大和波止場を後にしました。

R487を走り、音戸大橋を渡りますが、両岸ともループ橋。



GOOGLEマップのストリートビューから拝借していますが、
3周ぐらいのループで、まさにトミカパーキングの様でした。



午後6時には宿に到着。
駐車場は砂利、やだなぁ~なんて思いつつ、スタンドを出して停めようとしたところ、
全員のバイクスタンドが砂利にめり込み、スタンドが立てられないという事態に。。



あたふたしていたら宿の方が出てきて、スタンドの下に敷く自作の木材を持ってきてくれました。
これで安心して駐輪できました。



宿に入って行くと、日本庭園でいい雰囲気。
母屋は古いけどかなり趣きがあってこれまた良い感じ。



部屋に通されると、八畳二間の和室。
建物全体が傾いてて、ふすまの開閉がしぶいのはご愛嬌?



予想をはるかに上回る量と質の晩御飯でした。
食べるのに夢中で他に写真を撮るのも忘れてしまいましたが、
この他に、鯛の炊き込みご飯、茶碗蒸し、牛肉と野菜の蒸し、魚の煮付け、生エビ、
などなど、過去最高の宿料理でした。



晩御飯を堪能してバイクを見に行くと・・・
雨が本降りしてました。翌日は晴れることを願っておやすみです。

2日目の走行距離:308.5km(886.9-578.4)

イメージ 2

つづく・・・次で最後かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

ハイパーストラーダで中国地方ツーリング その3


2日目も朝から快晴。
8時には宿を出発して出雲大社に向かいます。
GW連休のど真ん中、しかも遷宮後なので数km前から大渋滞。



我々バイクは運良く近くに停められましたが、
クルマの人たちは一体いつになったら参拝できるのか?
というぐらいの混雑ぶりでした。



入り口も混んでいれば。。



当然、参道も混んでますね。



参道途中で神楽を楽しんでみたり。



出雲大社と言えば、この巨大しめ縄ですね。
ここでてんぷらーさんから「作法が違うんだよね」と聞き、
早速ググってみたら「拝礼作法は2礼4拍手1礼」でした。



本殿はかなり並んでいて、今回は参拝はパス。
次回は家族を連れて参拝しようっと。



移動前に昼食をと言うことで、近くの蕎麦屋へ。
あまり食べられる店が近くに無さそうでかなり待ちました。



本日のお昼ごはん、出雲名物の割子そば(3枚)
薬味がわさびじゃなくて、紅葉おろしはちょっと珍しかった。
そばの奥に見えるカマボコは、あご(トビウオ)のカマボコ。
味は・・・普通のカマボコでした。

出雲ICから高速を乗り継いで広島に向かいます。



松江道の加茂岩倉PAで休憩したところ。
なぜか銅鐸が。
この記事を書きながら知りましたが、加茂岩倉遺跡が近くにあるからみたいですね。



出雲大社を出発した時からずっと気になっていた虹。
最初は下の虹だけでしたが、気が付くと上の円状まで増えてました。
こんなの初めて見たよ、なんだろうなぁ、なんて話していましたが、
帰宅後新聞などにも掲載されてた珍しい虹でした。
環水平アークだそうです。良いもの見れました。

高速を乗り継いで、広島に到着。



昭和60年に進水、平成16年に除籍となった、潜水艦あきしおが展示されてます。
潜水艦だけでも珍しいのに、これが陸上で全体が見られるなんて凄すぎます。
なんてったって本物の潜水艦ですからねえ。

翌日の天気は雨予報。
せっかく晴れているので、てつのくじら館へは明日行くことにして、周辺散策。



「大和波止場」です。
これは戦艦大和の艦橋を模していて、



ここから大和の艦橋から左舷前部甲板を実寸再現しています。



広い、デカイ、に尽きました。



海上保安庁の巡視艇「くれかぜ」が入港してきてました。

つづく・・・


イメージ 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

ハイパーストラーダで中国地方ツーリング その2



東名阪~新名神~名神~中国~米子自動車道をひた走り、
蒜山ICで高速を降りて蒜山大山スカイラインを走ります。



11:30頃に鬼女台展望台に到着。
天気は良いのですが、大山は雲に隠れて見えません。
ハイパーストラーダの真後ろに見えるのは、烏ケ山(からすやま)です。



r45を走って、枡水高原に到着。
雲が晴れて大山がはっきり見えました。
ここでちょうど蕎麦屋があったので昼食に。



本日のお昼ごはん:冷やしとろろぶっかけそばです。

次は、r24~R431~米子空港を横目に「べた踏み坂」を目指します。
「べた踏みでしょ?」「いいえ、全然」のCMで有名になりましたね。



臨時駐車場までできていて、観光地化されてました。。



観光客もいっぱい、クルマやバイクもいっぱいで大渋滞でした。
実際に走ってみると・・・どこがべた踏みなのか?ってぐらいフツー。
CMはよっぽど上手く撮影してるんでしょうね。
と言いつつもネタ的にも十分楽しみました。

宍道湖を見ながらR431を西に進みます。



ばたでん、こと、一畑電車の伊野灘(いのなだ)駅。



映画「RAILWAYS」ロケで使われた駅だそうで。
#そういう私はこの映画見てませんが。。



電車は1時間に1本の単線。
20分ほど待って電車を堪能しました。
#写真はてんぷらーさんのを無断拝借。。
初日の予定はコレにて完了なので、R431~R9をひた走り、宿に向かいます。



18時ごろ、温泉津温泉に到着。
宿の前の狭い通路にバイク4台をギリギリ停めて一段落です。



晩御飯は海鮮いろいろ、ビールも美味しく、話も弾んで楽しい夕食でした。



初日の走行距離:578.4km


イメージ 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

ハイパーストラーダで中国地方ツーリング その1

毎年恒例のGWツーリングに行ってきました。
いつもは1泊2日なのですが、今回は2泊3日で行くことに。
私以外のメンバーはほぼ暦通りの休日のため、5月3日~5日に決定。
ガッツリ祝日と重なってしまうので渋滞は覚悟の上のスケジュールでした。



1日目のルートはこんな感じ。
6時に、御在所SA下り集合なので、5時出発しました。
出発時の気温は11度。
GWの時期は朝晩の寒暖差があったりして着ていく装備にいつも悩みます。
今回は高原があるのでほぼ冬装備で出発。
上はクシタニのゴアテックスオールウェザージャケット+ダウンインナー
下はクシタニのカントリージーンズ+メッシュインナーパンツ



6時前には集合場所に到着。
すでにてんぷらーさんは到着済みですが、他の2名がわかりません。
わからないというのは、2名とも10数年乗ってきたバイクを乗り換えたとか。
なので、4台中3台が新車と言う偶然が重なってました。
てんぷらーさんとどんなバイクだろうねぇ?なんて話してたら、
軽快なエンジン音が聞こえてきました。



KTM DUKE390に乗り換えたU君。
2013年7月に注文し、2014年3月に納車とかなり待たされたそうな。
前車は、SL230だったのでちょっと意表を突かれました。
サスは前後WP(White Power)、ブレーキはブレンボと同じぐらいの高級パーツ、
の割に国産400ccより安いらしいです。
KTMはやっぱりオレンジが似合うしカッコイイっす。



最後は、HONDA CB400XのS君です。
前車はKAWASAKI ESTRELLAのキャブ車を19年乗っていただけに、
こちらも意表を突かれました。
最初、NC750Xかと思ったほどよく似てる気がする。
でも「CB」なんですよね。
紛らわしいけど、ステルス戦闘機みたいなカラーリングが良い感じでした。

1年ぶりの再会だし、それぞれ新車の話に花が咲きますが、
この時点ですでに渋滞8km、
御在所SAの駐輪場から本線が止まってるのが見えましたので、
先を急ぐことにしました。

Bandit1250SとCB400Xの航続距離は長いのですが、
ハイパーストラーダとDUKE390は航続距離が短めなので、
休憩を入れつつ、200km前後でガソリン給油していきます。



岡山の勝央SAで休憩の際、小腹が空いたので軽く食べようとしたところ、
岡山名物「えびめし」をコロッケにした「えびめしグー」なるものを発見。
200円と手頃だったので食べました。
中はこげ茶色のご飯とチーズ、大葉が入っていますが、
味が濃いわけでもなく、普通においしいライスコロッケ?でした。


イメージ 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

ハイパーストラーダのツーリング準備ほか

明日から2泊3日のツーリングに行ってきます。
そのための準備をしました。

昨日までの予報では、5月3日~5日は晴天予報だったのに3日目は雨予報が。。
あんまり降られないとイイなぁ。



まずはチェーン清掃と給油。
拭いても拭いても汚れが出てきます。



ホイールも綺麗にして、チェーン給油完了。
ちょっとチェーンがたるんでるように見えますが、一応範囲内。
ツーリングから帰ってきたら1ヶ月点検で見てもらお。



数日前に勢いでポチった、ゴリラの最新ナビを装着しました。
防水ナビを持っていますが、地図が古過ぎるし、
クルマ用のが調子悪くなってきたので、共用しようと購入を決めた。

最近は全然情報収集してなくて、調査から。
最初はユピテルの1万円台のでも良いかと思ってたら、
SSD16GBのゴリラが2万程度で買えることが判明。
早速操作してみると、機能は豊富だわ、動作は早いわ、今のところ良い感じです。

ハイパーストラーダにはヘラーソケット電源が標準で2つ付いてます。
1つ目は左側タンクの下辺り、2つ目はリアフェンダーの下です。
ヘラーソケット→シガーソケット変換ケーブルは購入しましたが、
やはり使いにくいのでキーONで通電するヒューズからシガーソケットを新規増設しました。


ツーリング準備出来たところで、何やら郵便物が来ましたよ。



1つ目は中部道の駅事務所からの封書。
スタンプブックを翌日送付したんですが、こんなに早く処理してくれるとは。
後はヒノキ製楯の認定証を待つばかり。。
#「木製楯」って書いてあるけど、コストダウンでヒノキじゃなくなってたりして。。



2通目は、ハイパーストラーダの軽自動車税の納税通知書。。
ナニナニ、、モバイルバンキングやネットバンキングで支払いできるなんてラクじゃん。
と思ったら、「納税証明書は発行されません」だって。
車検は3年後だけど、何となく証明書は欲しいからコンビニで払ってこようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

ハイパーストラーダのミラーを交換しました

ハイパーストラーダのミラーを交換しました。



ハイパーストラーダの純正ミラーです。
デザイン優先なんでしょうか、小さいんです。
位置が低いのはまぁ良いとして、
どう調整しても自分の腕が内側1/3ぐらい映り込むのに、
外側に行くほど小さくなるので、後方視界がよろしくない。
実際、先日のツーリングで白バイに追尾されてたとか全然気付かなかったし。

対策としてアダプターを付けてミラー位置を上げることも考えましたが、
どうせならミラー面が大きいほうが良い。
で、見つけたのが、SP武川のポリゴンミラー



上がポリゴンミラー、下が純正ミラーです。
「2007年度保安基準」に適したミラー、って知りませんでした。
このポリゴンミラー、メーカーからしてミニバイク用なんでしょうが、
形状が気に入ったのと、ハイパーストラーダに合いそう、
そして何より安い!
2個セットで、¥1,890(税込み)なんですよ。←コレ重要ですね!



そうそう、DUCATIってヤマハと同じで右側は逆ネジなので、
逆ネジアダプターも必要。これで若干高さも稼げるので一石二鳥。
#そういえば、ヤマハ車に乗ってた時には、右側にコケても、
#逆ネジのお陰でミラーを壊すことがなくて助かってたなぁ。。



ミラーを交換するのにはまず外さないと話になりませんね。
そのためにはスクリーンを外しました。
スクリーンを外すとハイパーモタードそっくり。(そりゃ当然)



装着前はこんな感じです。



まずは左側だけ交換してみます。
うーん、逆ネジアダプター(左は正ネジですけどね)で結構高くなりますね。



左右ともポリゴンミラーに交換。
これだけ見ると高さは余り気にならなくなったかな?



交換前後でこれだけ変わりました。
ミラー面は大きく、高い位置になり、幅は少し狭くなったぐらい。
そして何よりも後方視界が断然良くなりました。
実走行してないけど、後は振動とかでブレないといいなぁ。



最後に・・・やっぱり安いだけあって、右側ミラー底面部に2箇所も欠けが。。
最初はゴムか接着剤がはみ出てるだけかと思ってたら、中で欠けてる感じ。
取り付けちゃったし安いから諦めました。

イメージ 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »