« ハイパーストラーダの初回点検とプチカスタム | トップページ | ハイパーストラーダで伊賀豚丼ツーリング »

2014年5月20日 (火)

ハイパーストラーダ、エンジン(クラッチカバー)の塗装がはげるのは普通?




先日洗車してて気が付いた。
クラッチカバー縁に白っぽいものが見えた。
良く見ると、黒い塗装がはげてて、地が見えてる。



何でだろう?と考えたらブーツしか有り得ない。
でも、接触する部分には金属製のものはない。
バイク屋に聞いてみると、このハイパーストラーダのように
クラッチカバーとステップが近い車種だと、
塗装がはげるのは普通だと言われた。
位置的に接触するのは判るけど、
2500kmぐらいの走行、ブーツはふつうの革製で
簡単に塗装ってはがれちゃうのが納得いかない。

こんな事を気にするのは、気にしすぎでしょうか?
皆さんどう思います?


 
 

|

« ハイパーストラーダの初回点検とプチカスタム | トップページ | ハイパーストラーダで伊賀豚丼ツーリング »

(00)DUCATI ハイパーストラーダ821」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4353/64186379

この記事へのトラックバック一覧です: ハイパーストラーダ、エンジン(クラッチカバー)の塗装がはげるのは普通?:

« ハイパーストラーダの初回点検とプチカスタム | トップページ | ハイパーストラーダで伊賀豚丼ツーリング »