« Hyperstrada MRAスクリーン購入 | トップページ | HyperstradaにMRAスクリーン レーシングを装着しました »

2014年9月27日 (土)

HyperstradaのヘッドライトをLED化しました

HyperstradaのヘッドライトをLED化しました。

Hyperstradaのヘッドライト、純正は一般的なH4ハロゲン。
先日のツーリングで初めて夜間走行しましたが、やはり暗い。
CB1300SB青タイガーでも暗いってことでHIDを装着していました。

今回も安いHIDを装着しようと思っていましたが・・・
バイク屋で同じHyperstradaに、HIDでお馴染みのスフィアライトのHIDを装着後、
ノイズの影響なのかメーターが故障・交換になったとの事象を聞き躊躇。
#メーカークレームで無償交換対応してもらったそうですが、
#有償となると12万ぐらいかかるそうです。。恐ろしい。


取り付けたのはスフィアライトバイク用LEDコンバージョンキットです。
バイク用のLEDコンバージョンキット、汎用としては安定してきたようで、
最近は2りんかんでも積極的にブログでも取り上げ、販売してます。

スフィアライトのサイトでは、冷却に空冷ファンが付いていますが、
現行はファンは無く、空冷フィンになってます。


で、いきなり装着後の写真です。
なんでかって言うと、いつもなら自分で購入・取り付けしますが・・・
今回はバイク屋(というかDUCATI?)と色々ありまして、
結果的にLED部品代+工賃を無料でやっていただいちゃいました。
作業内容を見せてもらいましたが、30分とかからず超簡単でした。
バルブ後方の座金部分が長いので収まりが気になってましたがギリギリ収まりました。

LEDのチップが片側2個、両側4個付いてます。
ロービームは手前側(写真向かって右)が点灯、ハイビームだと前方(向かって左)が点灯します。


装着前後を比較してみました。
左が純正ハロゲン、右がスフィアライトLEDです。
撮影条件が違うので比較しにくいですが、とにかく明るいです。
明るすぎて直視できないぐらいです。

LED自体は長寿命でしょうが、製品自体の寿命は未知数。
一応2年保証だそうです。

これで日中の被視認性、夜間走行時の視認性がアップして安全性も高まったかな。


 
 

|

« Hyperstrada MRAスクリーン購入 | トップページ | HyperstradaにMRAスクリーン レーシングを装着しました »

(00)DUCATI ハイパーストラーダ821」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4353/64186373

この記事へのトラックバック一覧です: HyperstradaのヘッドライトをLED化しました:

« Hyperstrada MRAスクリーン購入 | トップページ | HyperstradaにMRAスクリーン レーシングを装着しました »